タグ:遊 ( 106 ) タグの人気記事

【四国の旅】 栗林公園・うどん・その他

四国の旅、あっという間に最終日を迎えました。
今日は午前中大名庭園で有名な「栗林公園」に行って、
お昼は本場味のうどんを食べて、午後からはまたそれぞれが陸空両路線でGo Home!
b0101387_5205691.jpg
旅に出かける時は晴れるようにとばっかり願ったのですが、
梅雨明けもしないのに連日の快晴って、ありがたいと思う一方、
炎天下で暑くて結構しんどかったのも事実です。
栗林公園に入って、目の前に広がる緑、緑、緑・・・
一瞬ですが、オアシスを発見した砂漠で長旅した人の気分でした。
ベビーカーなしで子連れの私たちには、広い庭園を制覇することができそうにないので、
比較的に歩きやすい北庭園を選んで散策しました。
b0101387_521284.jpg
小人たちも歩いたり休んだり愚図ったり甘えたりして・・・
それより、我が子のポーズはすっかりとウルトラマン系になったみたいですね!
ここで友人が撮影したお気に入りの写真をお借りしますね!
b0101387_5434065.jpg
いや、しかしほほえましい小人たち・・・・・・
毎日、いろんなことで怒らせられることも多かったけど、この旅の一番の癒やしですね♪
b0101387_1761736.jpg
少し歩き出すと、目の前に一面の蓮畑が広がっていました。
まだ見頃でないようで少し残念ですが、それでも十分楽しめました。
b0101387_1762470.jpg
写真を一杯撮りましたが、全部載せるのになかなか難しく、一枚に合成してみました。
ほかの花より、蓮の花って、オーラと存在感が全然違いますね。
b0101387_1720179.jpg
写真好きな友人がすっかりレンズ越しの世界に夢中・・・
私は小人さんたちの姿を追ったりして、池を一周と散策しました。
b0101387_0364243.jpg
栗林公園の北口を出て、一軒雰囲気の良い和風カフェ「ほとり」を発見♪
中に入って、小人さんたちは抹茶アイスクリーム、
私たちは「宇治の月」という純抹茶にアイスクリーム添えのデザートを頼みました。
少し休憩をとってから、今度はうどんの名店「さか枝」へ向かいました。
b0101387_0362899.jpg
県庁の近くに位置する名店、予想とおりの行列・・・・・・
でも、セルフサービスだからか、進むのがとても早かったので、
時間的に余裕がなかったけれど、シンプル且つ美味しい本場のうどんを堪能できました!
後でここは「さか枝を知らずしてさぬきうどんを語るなかれ」と言わしめる名店だと知り、
思い出すたびに行ってよかったと思いました。
その後、タクシーに乗って帰り道へ。
途中に友人親子をホテルに降ろして、私たちはそのまま帰りの列車へ!
b0101387_0365836.jpg
行きの乗り遅れもなく、帰りの列車には余裕を持って乗車できました(笑)
小人さんが昼寝してくれたおかげで、乗車時間がとても快適に感じました。
四国の旅、3日間で短かったけど、
とてもボリュームがあり、充実な3日間でした。
いつかまた時間かけてゆっくりと時間をかけて訪ねたいと思います。

【この記事の関連中国語記事はこちらです。】

[PR]
by JasmineJun | 2012-07-09 23:17 | *outing

【四国の旅】 小豆島へ

四国の旅。2日目。高松港より高速船で30分ほどの小豆島へ。
出発の先日まで、2日目は岡山・倉敷方面へ出かける予定でしたが、急遽に変更。
しかし、今朝になって友人から「娘が熱...先に船を乗って島へ行ってください」との連絡が入り、
心配しながら、レンターカーの予約などのこともあって、
一応小人さんと予定通りに島へ向かいました。
b0101387_825819.jpg
昨日は各種電車、今日は船.....いろいろな乗り物に乗れるだけに興奮してしまう小人さん。
今日もご機嫌です♪
b0101387_11182633.jpg
乗船の時、「天使の散歩道に行くのに、間に合いますか?」とスタッフに聞くと、
「すぐに向かえばまだ渡れるよ!」と周りの乗客も助言されました。
そして下船してすぐにタクシーで向かいました。
引き潮のピンク時間帯を少し過ぎたが、目の前に奥の島へ歩いて渡る砂浜の道がまだあります!
「早く!向こうの島へ行ってみよう!」と小人さんに声を掛けましたが、
小人さんはいま一つ「引き潮」とかを理解できないようで、
真っ先に入口にある撮影スポットのペンチの上に寝転んでる猫のほうへ・・・
b0101387_1119057.jpg
この猫はここの「名人」らしく、あれだけの観光客が隣に座って騒いで写真を撮っていたのに、
まったく動じないで、のびのびとぐっすり~その様子は本当に微笑ましかった!
小人さんは最初ドキドキしていたが、遂に大胆になってきて、
ベンチの真ん中で寝てた猫を端っこに動かした位の魂胆でした(^^♪
b0101387_12321586.jpg
やっと一緒に浜砂の道を歩み始めましたが、
今度は砂は嫌だとか、素足が良いとか、やっぱりサンダル履くとか・・・・・・
何とか連なる4つの島の「弁天島→中余島」まで辿りつきました♪
b0101387_12574596.jpg
引き潮の間に入口の弁天島から、この「中余島」まで渡ってくる人が殆どだそうです。
その先にも2つの島があったが、一番奥の島はキャンプ場専用で、3番目の島を回るのも時間かかるそうです。
島中の木枝の上にハートの形をしている絵馬をあちこち見かけられます。
恋愛成就・愛情円満の願いが殆どです。
島を歩き回って、とても幸せな気分になります。
小人さんにお願いしたら、なんと私の記念写真を撮ってくれました。
いつの間にか一緒に旅に出掛ける「友」のよう存在になってきましたね!
b0101387_14334643.jpg
2回目エンジェルロードに訪ねた時、既に1時間10分後でした。
遅れて島にやってきた友人親子を迎えにいって、合流してからまたここに。
干潮がそろそろ終わるので、浜辺に観光客も殆ど居なくなりました。
先まで歩いて渡れる浜砂の道も真ん中から消え始めていました。
b0101387_1255144.jpg
これから先は、もう、言葉はいらないでしょう。この写真は現在、私のPCデスクトップの背景となっています。
そして癒しの小人さんたち♪(← ↓ 親バカでごめんなさい)
b0101387_12554967.jpg
b0101387_12555714.jpg

b0101387_12553721.jpg

b0101387_1256146.jpg

collage写真に編集しようと思ったけど、やはりこれ以上縮小したくなくて・・・笑
b0101387_13545597.jpg
エンジェルロードで貸切状態の海辺での遊び、予定より遥かに長引いたのですが、
「フリー&スロー」が今度の旅のキーワードなので、
私たちも時間の流れに身を任せながら、地図を見て行ける範囲で観光していました。
オリーブ園では初めて香川県の「県の花」「県の木」がオリーブであることを知り、
帰りのお土産も醤油の次にオリーブアイテムだらけとなってしまいました(爆)
オリーブ園の後に、小人さんたちが車中で爆睡してしまい、(←いいえ、爆睡してくれた)
おかげさまで、ママたちは『二十四の瞳』のロケ地の道場をゆっくりと見学できました。
その後、もちろん、旅に欠かせない「温泉」に向かい、
あまりの気持ちよさでゆっくりとくつろぎました。
ふと時計を見ると、もう高松行きの船の最終便の出発時間に近づいたじゃないか!
タクシーを呼んで、かなりのスピードで飛ばして、
チケットを買って、「待ってください!」と叫びながらのギリギリ搭乗でした。
しかし、今度の旅にはこういった「ギリギリ」が多すぎたような気がしますね(汗)

【つづき...四国の旅・最終日】
【この記事の関連中国語記事はこちらです。】

[PR]
by JasmineJun | 2012-07-08 22:24 | *outing

【四国の旅】 列車でGO!

【暫くは更新ができない状態が続いてますが、これから少しずつ復活しようと思っています。】
【気長に待ってくださる○○巻....いくつがあるけど、まずこの記事で「時差」を無くしたいと(^_-)-☆】


今月で4歳を迎える小人さん、何かプレゼントしようと考えたところ、
「モノ」(おもちゃ関係)に関しては、特にこれっといったものもなく・・・
とその時、アンパンマン好きのお嬢さんのために四国旅行をプランしている友人の話を聞いて、
一瞬の直感でその計画に乗ろうとしました。
その直感が更に冴えていて、その日のうちにもうチケットの手配まで依頼することに(^^♪
と言うわけで、友人親子が空路で、私と小人さんが陸路で徳島まで合流ということで・・・

この旅はパパ抜きの小旅行で、一人で子連れでこの距離の旅行がうまく行けたら、
これからも一々パパの都合に合わせなくてもお出かけできますね(笑)
アンパンマンに対しては、今年でギリギリじゃないかと思います。
好きなうちに最大限に楽しんで、満足して次の戦いごっこへステップアップ?かなって感じ。
ずっと前から電車好きでしかもかなり詳しくなってきた小人さん、まだ新幹線を乗ったことがないので、
今度の旅で新幹線(のぞみN700)に急行にアンパンマン列車に在来線まで...全部制覇できます。
そう思うと、直感で実行したこの旅も、なんだか有意義なイベントとなりそうですね!

b0101387_12285744.jpg
新幹線のぞみN700を乗れると聞いて興奮して小人さんに対して、
私は片道5時間強という旅の途中に子どもが騒いだらどうしようと実に不安でした。
しかし、当日の朝にまさか電車乗り遅れたとは想像もしなかったもので、
新横浜に着いた頃、私たちの乗るべきの新幹線が既に発ってしまったのです。
仕方なくすぐ次ののぞみに変更し、幸いなことに自由席に無事に座れることが出来ました。
大好きなウルトラマンと一緒に遊んだり、駅弁を食べたりして、
途中はまったく騒ぐことなく、とても協力的な小人さんに有難く思いました。
b0101387_1229991.jpg
無事に岡山に着き、行きは写真撮る余裕もなかったもので、
下車したらまず小人さんのリクエストに応じ、ホームに一番前に行って、
近くにのぞみN700と写真を撮ったり、発車するのを見送ったりして・・・
とその次の瞬間に自分たちが1本遅れた新幹線で来たことを思い出しました。
ということは、こんなゆっくりと新幹線とバイバイするほどの余裕もないはず!ってことだ!
乗り換え!乗り換えがあるんだ!と猛ダッシュして・・・・・・
やっとギリギリで発車メロディが流れている間に電車に乗り込みました(汗+冷汗)
b0101387_1232524.jpg

今度乗り換えた電車は快速マリンライナーで、1時間ほどで徳島に着くのです。
こちらの鉄道は単線区間が多くて、遠くからみる線路両側の景色やトンネルも、
在来線ならではの風情満点とも言えるでしょうか。
なんだか鉄道ファンの気持ちも少しわかったような気がしました。
b0101387_12293430.jpg
やっと無事に徳島に着きました。友人と合流する時間まで少し余裕があったので、徳島駅前でブラブラ。
しかし小人さんが眠くなったようで、ずっと抱っこ抱っこって言われた末、
何とかベビーカーに乗せた後、すぐに寝てしまいました。
喫茶店に入って少し休憩してから、ランチ予定の人気らーめん屋さんに向かい、
その後無事に友人親子と合流してラーメンを食べて、
今度は今日のメインイベントである「アンパンマン号」列車に乗ります!
b0101387_12301015.jpg
一日指定席20席までという「アンパンマン号」列車、
乗車メンバーがやっぱり「祖父母+孫」や「親+子ども」という定番組合ばかりですね(笑)
指定席の車両の隣はアンパンマンミュージアムにような遊ぶ専用車両で、
面倒見のスタッフまで配置されてあって、親は撮影に専念できるわけです(爆)
私たちは小人さんたちのために「アンパンマン弁当」を事前予約したので、
これはまたアンパンマン水筒付きなナイスアイテムで、
旅の記念にもなるし、普段にも使えるし、本当にお薦めです(^^♪
b0101387_12301542.jpg
アンパンマン列車の1時間強の乗車時間、おかげさまで、まったく苦にならなかったのです。
長距離の乗り物にみんなあんな楽しいキッズコーナーがあれば、
もっと気軽に子どもを連れて旅に出掛けるじゃないかと思いました。
しかし、幸せの小人さんたちでうらやましい限りですわ。
b0101387_1019319.jpg
アンパンマン列車とバイバイして、今度はローカル電車で今日の終点高松へGO!
地方に出かけると、電車の本数も一時間に数本という感じですね。
これまで乗り継ぎがあるからずっと時間を意識してきたが、
ここで時間感覚が一気にスローになり、旅気分らしくなってきました。
「多度津」駅前で散歩しながら、次の電車が来るのを待っていました。
この乗り換えの時間がなければ、この小さな駅前でブラブラすることもないでしょう。
そう思うと、旅先での時間、場所、人....全てが「一期一会」のように思わせられますね。
b0101387_10313772.jpg
夕方頃、ついにこの旅の宿泊地である高松に到着しました。
別々に旅行プランを立てたので、宿泊先のホテルも別々なので、
まず荷物を私たちの宿泊先(駅前)に預けてから夕食を食べに夜の街へ。
写真はホテルとその隣の高松シンポルタワー、四国で一番の高さを誇るタワーだそうです。
b0101387_10595493.jpg
小人さんたちも疲れていたはずだが、何故か興奮のほうが大きかったようで、
食事に出掛ける途中にずっとハイテンションでした。
b0101387_118020.jpg
(最後の写真は友人が撮影したものです)
そうそう、一つ面白いエピソードを記録しなくちゃ:
子ども洋服を買い終わってお店を出ると、
小人さんたちが店の看板の前で遊び始めていました。
赤い看板に赤い洋服の小人さんたち・・・可愛いなぁとカメラを持ち出すと、
なんと我が子がいきなり相手の女の子にキッスを!
甘い汁を吸ってるわが子をすぐに止めるべきでしょうけど、
お二人の姿があまりにも可愛いから、ついついシャッタを押してしまいました(^_-)-☆

(四国の旅は、続きます...)
【この記事の関連内容の中国語記事はこちらです。】

[PR]
by JasmineJun | 2012-07-07 23:22 | *outing

沖縄の旅 二日目

b0101387_17213282.jpg

沖縄に居るにもかかわらず、朝早い時間に携帯の地震警報に起こされちゃいました。
天気予報ではこの日雨で、外の空を見てみたら、「晴れじゃないの?」とびっくり。
もしかして朝の時間帯だけかもと思って、カメラを持って外へお散歩に出かけました。

写真↑は南国の花たちです♪雨の後だからか、とても初々しくて綺麗でしょう!
b0101387_1710612.jpg

天気予報の雨雨雨に気分が沈んだ私ですが、
こんな快晴の天気になるとは思いもしませんでした。
レストランで朝ごはんを食べてから、
昨夜見れないホテル内外を見学していました。
b0101387_940613.jpg

美ら海水族館にアクセスしやすいということで、
初日のホテルは近くに選んだわけで、
チェックアウト後、水族館がオープン時間になると真っ先に入りました。

言うまでも無く、ずっと興奮気味の小人さん......
でも、何故か大きいサメを見ても、鯨だと言い張るのです(笑)
帰りにもう一回入館して、今度はやっとサメはサメだと認めてくれました(^^♪
b0101387_1531788.jpg

水族館の次に、「おきちゃん劇場」のイルカショーです。
青い海をバックに、イルカたちがダイナミックなショーを繰り広げてくれて、
楽しいヒトトキを過ごすことができました。
b0101387_15442736.jpg

美ら海水族館は海洋博公園の中の一部に過ぎず、
海岸遊歩道に植物センターに郷土村などの施設も含めて、
園内は一日中遊んでも遊び切れないほどの広さです。
私たちは乗り放題の園内観光バスチケットを買ったので、
あちこち散策したり見学したりしました。
b0101387_16381381.jpg

写真は熱帯ドリームセンターの中の綺麗な蘭の花たちです。
この日、展示された蘭の鉢数はなんと3542鉢で、まるで「蘭の祭典」のよう。
写真も図鑑にもなれる位、いっぱい撮りました。

かなり暑かった、結構歩いていました。

うれしいことは、一日中このようなお天気で、
昨日の天気予報って一体何なんでしょう?
悲しいことは、夕方になってくると、
すっかりと日焼けしてしまったことに気付きました(-_-;)

水族館を後にして、本島中部に位置するホテルへ向かいます。
途中に夕食を食べようと、ネット友に薦められたお店を寄りました。
b0101387_1583010.jpg

夕暮れの山の中へ・・・道が段々と細くになっていき・・・大丈夫かしら?と思ったら、
目の前に一軒隠家のようなお店が現れました。
料理も、雰囲気も、最高でした。

予定よりかなり遅れてホテルに着きましたが、無事でよかった。
ボリュームたっぷりの長い2日目....これで終わり?かな...

明日も良いお天気になりますように...

[PR]
by JasmineJun | 2012-04-25 22:22 | *outing

沖縄の旅 一日目

4月24日~27日、沖縄に行ってきました。
旅行の記録として、まだ覚えているうちに書いておかないと・・・ですね(汗)
b0101387_1782863.jpg

当日の小人さんは朝早く起きて、「沖縄に行く」よりは
大好きなリムジンバスにも飛行機にも乗れるってことのほうがずっと楽しみのようで、
いうまでもなく、終始ハイテンションでした。
おかげさまで飛行機に乗ってからすぐに寝てくれたので、
騒ぐこともなく無事に那覇に到着できました。
b0101387_16493165.jpg

現地はあいにく曇りのお天気で、
本来はレンタカーを借りて西海岸線沿いの国道を走って北上して、
そして海一望できる景色や綺麗な夕日なども満喫できるのでは?と思ったのですが、
途中からなんと曇りから雨へ、遂に本降りの雨となってしまいました。

いやいや、私は雨女ではありません....と何度も自問自答しました(^^♪

と言うわけで、結局初日は移動のみで終わりって感じです。
途中には観光スポットの紫芋お菓子工場を寄ったりして、
「ザ・沖縄」的なソーキラーメンやゴーヤチャンプルーも食べて、
予定通りに水族館の近くにある宿泊先のホテルに辿り着きました。
夜は、近くの温泉に行って、体を温めてからお休み~~ZzZzZz

しかし今日感じたのですが、沖縄の天気は本当によく変わります。
天気予報の「曇りから雨」が、まさか台風のような雷雨になるなんて、びっくりしました。
小人さんもいっぱい雷の音をリアルに聞くことができて...まあ、いいか(笑)

こうやって、みんなが翌日の天気を心配しながら、夢のなかへ・・・



[PR]
by JasmineJun | 2012-04-24 22:22 | *outing

ホームパーティー&イルミネーション②

b0101387_635784.jpg
夕方頃、イルミネーションをみに、みんなでドイツ村へ向かいました。
駐車場からの眺望です。丘一面のギラギラ、まるでファンタジーの世界に来たような感じです。
街の中のイルミネーションも見たことがあって、
周りの建物の光も含めて、全てが眩しいって印象ですが、
ここは周りが暗くて、ここ光だけギラギラで、その輝きも格別なものに感じてしまいますね。
b0101387_638973.jpg
光の畑
b0101387_12503114.jpg
光のトンネル
b0101387_1333651.jpg
どこに行っても華やかなイルミネーションばっかり
b0101387_12494775.jpg
幻想的な雰囲気


[PR]
by JasmineJun | 2011-12-11 23:31 | *event

ホームパーティー&イルミネーション①

b0101387_18105616.jpg
このシーズンになると、予定がついつい入ってきて、
イベントだらけで、平日も週末も慌しいけど楽しいです!
今日はまず昼ごろからお友だちのうちでホームパーティーを、
その後、ドイツ村のイルミネーションを見に行くこととなっています。
もう、数日前からウキウキです♪

パーティーの前日に女の子たちがみんなクリスマスに相応しい衣装で臨むと聞いて、
慌てて小人さんの洋服選びを・・・やっとこのハイネック長袖Tシャツを探し出したけど、
色以外は何の模様もなくシンプル過ぎたのか、
小人さんは嫌だ嫌だと着てくれないのです。
そこで、ワンポイント刺しゅうを入れてあげて、やっと機嫌よく着てくれました(笑)
b0101387_14532228.jpg
大人にはお鍋を用意してくれたので、小人さんたちにはKちゃんママの手作り水餃子を(笑)
しかし、恐らく「水餃子は子どもたちに・・・」あたりの会話が中国語で喋ったせいか、
気付くとうちのパパも小人さんたちと一緒にパクパクと水餃子を食べていました(汗)。

【メモ】ブロッコリーとひき肉で作った餡、今度作ってみたいと思います。
b0101387_15361535.jpg
お腹がいっぱいになったら、すぐにプレゼントをあげようとする小人さんたち。
サンタさん?トナカイ?煙突?・・・「何それ?」って感じの3人ですが、
ただカラフルにラッピングされたプレゼントの箱たちが気になるだけでしょう(爆)
青色の車が頂いたけど、何故かお友だちの赤色の車を一生懸命走らせるわが子(笑)
3人ともそれぞれ真剣な顔して、暫くの間はおもちゃに夢中・・・
おかげさまで大人たちが会話に料理のことで楽しむことができました。
b0101387_20474989.jpg
最後に、天使のような可愛い3人の写真でこの日の「indoor篇」を終わらせていただきます。

(...続き、イルミネーションの巻です....笑)



[PR]
by JasmineJun | 2011-12-11 22:09 | *outing

冬まつり・水泳教室

b0101387_14571957.jpg
今日は保育園の恒例の年末行事――ふゆまつりです。
今年は私が和太鼓の演奏をチャレンジしたもので、
早めに保育園に着いて、本番前の練習でもしようと思いましたが、
結局リハーサルは昨日夕方に済ませたため(私は忘年会のため欠席)、
今日は行き成り本番に出ることになりました。

少し緊張しましたが、ミス無く担当した第一部(一番簡単なもの)を演奏できてホットしました。

オープンニングの和太鼓が終わって、祭りの本番が始まります。
バザーに売店に餅つきにパン屋さんにバルーンアート教室・・・
おもちゃを買って、おいしい芋煮や大学芋などを食べて、
バルーンアートのアンパンマンや剣を作ってもらって・・・
あちこち行って楽しんでだけれど、
気付くと輪投げなどの遊びコーナーには全然行きませんでした。

小人さんのスイミングスクールがあるので、少し早めに保育園を後にしました。
b0101387_12522181.jpg
さて、小人さんの4回目の水泳レッスンです。
「水に慣れる」との目的ですが、道具を使って水遊びさせながら、
「一人で水の中を歩ける」「元気よくジャンプできる」「3秒潜る」・・・などなど、
それなりにカリキュラムも少しずつクリアしていくのですが。
でも一番「泣けずにレッスンできる」というのもあって、
小人さんは最初の10分間、必ず泣いてしまうので、いつになったらクリアできるのでしょう。
レッスンが終わって、笑顔で「楽しかった」と言うだけで、
もう少し頑張ったら大丈夫でしょうと願っています。

それまでは、パパにプールの付き添いをお願いしました。
泣いた小人さんを見送ることって、私にはつらすぎで堪えられそうにありません(-_-;)


[PR]
by JasmineJun | 2011-12-10 22:56 | *event

みんなでピクニック!

b0101387_1558219.jpg
(写真は役所関係のネットで見つかったもので、編集して使わせていただきました)
今日は勤労感謝の日。
保育園同じクラスの親子7組で、我が家の近所の公園に集まり、
みんなで秋のピクニックを楽しみました。
恐らく「ピクニック」という響きに惹かれたからか、
小人さんは数日前から「ピクニックはどこへいく?」と何回も聞かれました(笑)。
かなり前から決めた予定なので、天気の変化もずっと心配の種でして・・・
おかげさまで、とても良い天気に恵まれて、日中は暖かくて風もあまりありませんでした。
b0101387_1618085.jpg
中休みの休日なので、子連れの方々も大勢居ました。
同クラスの子どもたちが7人、プラスきょうだいのお姉ちゃん2人、更に母親7人、
こちらも大きいな団体さんでした(^_-)-☆
小人さんはつい最近大型遊具に目醒めたようで、
砂場やシングルの滑り台より、ずっと大型遊具のところで遊んでいました。
親の私たちは立ち話でもしようとするたびに、
必ず誰かが視野から見えなくなったりする位、
小人さんたちの遊び方って、何故か全員マイペースのようにみえますが(^^♪

そしてわが子のもう一つおもちゃというと、そのベビーカーなのです。
押しながら走って、坂道へ水溜りへ落ち葉の上へ・・・と、大忙しい。
お友だちにベビーカーの上に座らせて、運転手気分でグルグルグルグルと・・・
「はい、終点です!○○くん、降りて!今度は○○ちゃん、乗って!」とか言いながら(爆)
b0101387_1635364.jpg
お昼はみんなでお弁当を食べました。
うちが持参したお弁当です(トマト以外は野菜無しです...汗)

とにかく、小人さんたちは全員昼寝なしで、体をいっぱい動かしていました。
きっと、仲間たちと一緒に遊ぶことが何倍も楽しく感じたのでしょうね。
帰り道に既に眠くて眠くて・・・でも絶対寝てくれない小人さん、
「みんなともっと遊びたかった・・・」×数え切れない回数...
泣き声でずっとぐずっていました(>_<)

今度また是非ご一緒に遊ぼうね!

[PR]
by JasmineJun | 2011-11-23 22:35 | *kid

楽しい週末

b0101387_1657111.jpg
先週木曜日からパパが海外出張のため家に居ません。
居てもロクに役立たない存在だとずっと思っていましたが、
昼間は仕事が多忙で、帰宅後には小人さんと一対一で・・・
食事の用意などのことで多少ラクになった分、
その上常に「病気してはいけない」「定時まで仕事を終わらせよう」etc.のことをなどと意識していたので、
やはり普段より心身とも結構疲れを感じていますね。

でも、そんなことを呟いたりする暇なんか、ありません!
土曜日は小人さんのスイミングスクールの初日!
冷たい雨が降っていたので車で向かったら、ものすごい渋滞に遭って、5分遅刻でプールに入りました。
しかも、更衣室で着替えを済ませてから小人さんがそのままスタッフに連れられてプールへ移動し、
私はガラス張りの「見学席」へ案内されました。
いや、後で小人さんが私の姿を探し出した途端に大泣きじゃないかとすごく心配しましたが、
全然!全然泣いたりしませんでした!
それところか、多くの見学者の中から私を見つけると、手を振って「ママ!」と笑顔まで見せてくれました!
何故かその瞬間に泣きそうになったのがこの私でしたなりました。

保育園に通ったからでしょうか、集団生活にすぐになれて本当に良かった良かった!

翌日は日曜日、気温がなんと24℃まで急上昇し、小人さんと外へお散歩♪
少し歩いたところ、「バスに乗ってみたい!」と小人さんが言い出したので、
そのままバスに乗りました。
産休中に一度調べていてみようとして、結局行けなかったた公園ですが、
曖昧な記憶を頼りにして、2つ駅を遠く駅二つ分余計に歩いたけど、無事に辿りつきました。
b0101387_11554882.jpg
昨日の雨で落ち葉がかなり落ちていました。
歩きながら、「大きいな葉っぱ!」そして「もっと大きいな葉っぱ!」と興奮しつつ公園の奥へ進んでいき、
そして緩やかな林道に入って、「わ~どんぐりだ!」と真っ先に地面に落ちたどんぐりを発見した小人さん。
今まで見たことのないほど、いっぱいどんぐりが転がっていました。
暫くは...どんぐり拾いでした(笑)。
b0101387_1321930.jpg
広い芝生広場に遊具もあって、子連れの方々がいっぱい居ました。
今までは滑り台位しか遊べなかったのですが、
気付くといろんな遊具を楽しめるようになってきたようですね。
滑り台も、幼児向けの緩やかなものより、かなり急なものが好きらしく、
最初は私がサポートしたのですが、何回も何回も滑った滑るうちに、
自分で滑れるようになりました。

休憩を兼ねて園内でブラブラお散歩して別の出口から出て公園を後にしました。
帰りももちろんバスの旅で・・・
ベビーカーでお出かけは久しぶりなので、私的には結構疲れたけれど、
喜んでいる小人さんの笑顔をみて、やっぱり今日の遠出がは遠出してよかったと思いました。


[PR]
by JasmineJun | 2011-11-20 23:56 | *outing