タグ:語 ( 5 ) タグの人気記事

小人さん二三事

b0101387_14554764.jpg

1.青い入浴剤
 小人さんの誤飲する恐れもあると思い、長い間はお風呂に入浴剤など入れたことはなかった。先日、初めて入れて一緒にお風呂入った時の出来事。入浴剤を入れて、お湯の色が大好きな青色になって興奮気味になった小人さん。しかしいつもと違って、ちょっとだけ浸かったらすぐ立ち上がって「ママ、出る」と言う。「もう少し入ったら?」と薦めてもやっぱりほんの数秒ですぐ立ち上がってしまう。「めずらしいね。そんなに早く出て何をするの?」と聞くと、「鏡みたい」と返事。「鏡を見てどうするの?」と聞いたら、小人さんは「だって、お尻が青色になっちゃうかも…」と本当に心配そうな顔して話した。

2.万能ドリンク
 小人さんはジュースよりもスポーツドリンクのほうが好き。一番最初は発熱するたびに「よく飲んでね、病気が早く治るから」との私の口癖でその味もすっかりと覚えたみたい。最近、本人もそれを飲めば何でも治ると信じてるようで、蚊に刺されても「ムヒ」より「スポーツドリンクを飲めば治るかも」と言うし、腰痛いと訴えると「じゃ、ぼくのスポーツドリンクを飲んで~!」と言うし、また「飲ませて頂戴~」とお願いすると「病気なの?どこか痛いのか?」と問診までしてくれる。だから、我が家の冷蔵庫の中、パパのガリガリ君以外にスポーツドリンクも常備品となった。

3.パパの名前の意味
 少しだけだが、小人さんにも中国語の単語を覚えさせている。大好きな乗り物なら、「バス=公共汽车」「トラック=卡车」とか言える。ある日車の中での親子会話:(問)「パパの名前は?」(答)「かつや!」(…中略…)(問)「トラックは中国語で何ていうの?」(答)「かちぇぃ!=kache」。そこで、何かを思い出したようで、小人さんは「ママ、パパの名前はトラックなの?」と聞かれちゃった。中国語「卡车=kache」(トラック)を発音する時に少し伸ばせば、早口の「katsuya」と似てるように聞こえるわけだ。小人さんのこの質問をすることは、頭の中で日本語と中国語のそれぞれの意味を理解した上での「駄洒落」のようなものだと気付くと、私は体中に小さい興奮を覚えた。

4.パパの催眠昔話
 早く小人さんを寝かせるのに、最近パパは絵本を読み聞かせるよりも消灯して昔話を聞かせるほうが効果ありと発見。とりあえず『桃太郎』を。私も一緒に横になって聞くし、確かに真暗になったほうが早く寝てくれる。私もついつい一緒に寝てしまう位、即効ありのアイディアだ。しかし、その桃太郎の話は何回も繰り返し話しているうちに、段々内容を覚えて、今度は新しい展開になるまで話しが結構長くしないとやっぱり寝てくれない。けれど、私は今まで通りにすぐに寝てしまうことが多く、つい先日、寝たばかりの私は小人さんに「ママ、寝ちゃっダメだよ!まだきび団子がもらっていないよ!」と起こされちゃった(爆)。パパは「まさかママに効き目があるとはなぁ」と苦笑い(^^♪。

*中国語関連内容はこちらです。
[PR]
by jasminejun | 2011-07-06 14:54 | *kid

小人さん二三事

b0101387_1455126.jpg
(写真は母の日に小人さんから頂いたお花です。代金はパパの立替です。)

1.仲良しに基準あり
 小人さんはクラスでSちゃんとK君と一緒に遊ぶ時間が多い。
 先日、散髪した翌日に、H君が一番最初に気付いてくれたので、小人さんがとてもうれしくて、その日はずっとH君と仲良く遊んでたそうだ。
 夜、「仲良しお友たち」のリストの中のK君の名前がH君に変わったので、「どうして?」と聞くと、「だって、『かみのけ、切った』といわなかったもん」と執念深く答えた。

2.小人さんの「飴」
 最近、自分が悪戯するとママに怒られるタイミングをわかってきた小人さん。
 騒ぎ出しながらも、「これ位ならママはすぐに怒鳴ったりしないだろう」「これ以上話を聞かないとまずいだろう」のような感じで、私の我慢できる限界まで探っているようになってきた。
 自分が悪いことをやったら、すぐ私の方へやってきて、「ママ、ママ」と呼び続ける。
 そして叱る前に私が「何?」と返事すると、そのまま「ママは可愛い」とか「ママが大好きだもん」とか、いっぱい甘い飴をなめさせられ、ついつい叱るタイミングを逃がしてしまう羽目になる。

3.足を触っていけない理由
 ある晩、寝る時間になってもDVDを見たがる小人さんに対して、私が強制消灯して寝かせることにした。
 いつものように小人さんの足を握って寝ようとしたら、「いやだいやだ」と反発した小人さん。
 暫くすると、「何て?」と聞くと、「だって、さわ(られ)ると風邪引くから」と答えた。「そんなことで風邪引くの?」と更に聞くと、「そう、風邪引くの。○くん(自分)が風邪引くとママは困るでしょう?」と言う小人さん。「まあ、風邪引いたらそれは困るね」と適当に相槌を打ったら、「でしょう!だから、足さわらないで!」ときっぱり断られてしまった。

4.ママは可哀相
 パパとお風呂に入ってきた小人さん、「パパと○くんはお○ん○んがあるよ。ママはないの?」と聞かれた。
 「ママはありませんよ。」と答えたら、「そうか。ママが可哀相だね」と悲しそうな顔して呟いた。

5.大きくなったらね!
 小人さんと保育園から家に帰る時間に合わせて、パパは時々「今は駅に着いた、ついでに迎えに来てくれる?」とタイミングよくメールを送って来る。
 駅までの所要時間は10分もかからないことが多いのに、パパは立って待つことがなく、必ず喫茶店とかに入って待つ。
 車の中で小人さんに「パパは良いね、しょっちゅうコーヒーとか飲んじゃうね」と言ったら、「しょうがないじゃん!ママもいっぱいご飯を食べて、大きくなったらコーヒーが飲めるよ!」と慰めてくれた。

中国語はこちらです。
[PR]
by jasminejun | 2011-05-12 14:01 | *kid

大人びる言葉遣い

本篇故事忒长,相关中文请看这里:
b0101387_17113265.jpg
 まず年内帰省したときのことから。これは私がずっと綴りたかった出来事です。

 ☆「ママ、行って~ぼくは大丈夫だから」

 体調不良と外が寒いとのことで、大晦日の31日になっても、行きたかった本屋さんにはまだ行っていない私、ひたすら小人さんの昼寝時間を狙って待っていた。
 けれど、朝ゆっくり起きてたせいか、なかなか寝てくれない小人さんをみて、私は独り言のように言いかけてみた:「ママはどうしても本屋さんに行かないといけないの。なので、○ちゃんが早くおねねしてほしいいなぁ。だって、今日は行けなかったら、私たちって、もうすぐ日本に帰ってしまうからね」と。
 小人さんがベッドに転んで絵本や歌を次から次へリクエストしていたが、私の話を真剣な顔で聞いて、「どうしても?」と確認してきた。
 「そうなのよ。明日新年だからみんな休んじゃうかもしれないよ」と適当に相槌を打ったら、次の言葉が小人さんの口から出てきた:
 「いいよ。わかった。ママ、行って!○ちゃんは大丈夫だから。」
 「えぇ、本当に大丈夫なの?おねねしてからでいいよ」
 「大丈夫。ママ、絵本を持ってきて、○ちゃんが自分で読む。それからおねねするから。」
 「そんなの、○ちゃんって、本当にできるのかしら。まだ無理じゃないの?」
 「できるの。ママ、すぐ帰るの?○ちゃんが起きたら、ママに会えるの?」
 「すぐ帰ってくるよ、もちろん。○ちゃんは目が醒めたらすぐにママに会えるのよ!」
 その後、私は部屋を出る振りをしてみたけれど、小人さんが「いってらっしゃい」まで言ってくれたので、お手伝いさんに万が一騒ぎ出したらお願いしますねと頼んどいて、思い切って家を後にして本屋さんに行った。
 タクシーに乗り込んだ時も「もしかして今は家中に息子の泣き声が響き渡っているかも…」とかなり心配していたけれど、2歳児の言葉を信じて本当にお出かけしてしまう自分のこともなんか許し難い気がした。2時間近くして家に帰った時に、お手伝さんが「お子さんは本当にすごいだね、あれじゃ2歳5ヶ月の子とは思わないわ」と言われた。
 話によると、私が出かけたあと、小人さんが誰も自分の部屋に入室させないで、独りで暫く歌ったりしてから静かになってお昼ねしたみたい。そして私が帰る直前に甥のピアノレッスンがあってピアノの音で目醒めたようだが、泣くこともなく、独りでベッドの上で私の帰りをずっと待っていたみたい(もちろん他人は一切入室させないで)。
 私も自分の息子がここまでできるとは思いもしなかったもので、思わず胸がいっぱいになって、部屋に入って「ママだ」と喜んでいた小人さんを強く抱きしめて、暫く手放さなかった。

 次は最近の小人さんの大人びる言葉遣いで、いつの間にか覚えたかと、まさに正しく使っていることも、親としてただただびっくりです。

More
[PR]
by jasminejun | 2011-01-19 21:10 | *kid

病欠&小人妙語録

b0101387_13202426.jpg
先週末パパが買ってくれたsikuの消防車です。格好いいですね♪
上周末宝爸爸给小朋友买的siku消防车玩具,制作精良,爷俩儿都很满足!

 年末年始帰省するため、小人さんの体調だけは崩れないように祈っている毎日。風邪の引かないように、熱の出ないように、帰宅したらすぐ手洗いとうがいをするように……なのに、今朝の小人さんというと、左目に目やにが……プールの季節でもないのに、結膜炎なんて……結局会社を休んで小人さんを連れて病院へ。
 为了年底顺利回国,每天我都在默默祈祷小朋友千万不要生病。不要得感冒,不要发高烧,不要被传染流感,回家后马上洗手漱口……可是,今早小朋友的左眼睫毛上出了淡黄色的眼屎,我仿佛被当头击中一棒,都过了天天游泳玩水的季节,怎么还会得结膜炎症呢! 大叹一口气之后,再抖擞精神,免不了的也躲不过去的,那就只有任运了。今天休息,上医院,早治疗早恢复。
 目に赤みが残っている以外、丸ごと元気そのものの小人さん、一緒に遊ぶのに、こっちがヘトヘトになるわけで、体力をセーブしながらの付き合いですが。
 因为还不是重症,所以上了几次眼药就利索多了。左眼多少还有点发红之外,小朋友的精气神儿可是毫无贵恙,生龙活虎小怪兽一个!陪他混一天,很费体力,我就纳闷这么跟着他折腾,我怎么不出减肥效果呢!
 って、話がかわりますが、今日はどうしても綴っておきたいことがあります。
 说到这要换个话题,今天主要是要记录一下小朋友的妙趣童言。
 午前中、病院に行く前に一緒に見た子ども向けの番組で、みんなで「火の用心」と声をあげながら、拍子木をカチカチっと打ち鳴らして歩くシーンがありました。そして午後病院を後にして、公園で少し遊んでから家に帰って、私は夕飯の準備をし始めると、リビングで遊んでいる小人さんがいつの間にか拍子木を持ち出して遊び始めました。
 话说我们上午在家看儿童节目,里面配合冬季传统行事,有大家一起敲梆子一边喊"注意防火",呼吁冬季要注意防火的情节。下午从医院出来又带小朋友去公园玩了一圈之后,回到家我就开始准备晚饭。就听见小朋友在客厅那边敲起了梆子。
 それは以前、祖父母から頂いた「紙芝居」セットに入ってたもので、今まで遊び方がよくわからなかったけれど、今度は小人さんがそれを家の中でカチカチと打ち鳴らし始めました。リズムよく小人さんが「ひのようじん!」と大声で言いました。えっ!すごくない?「火の用心」の意味もわからないのに、よく覚えて復唱しているのねと私なりに感心したところ、いや、よく聞くと何か違う気がして、「ね、もう一回言ってみて!」と頼むと、小人さんが自慢げに台所まで歩いてきて「はい!みみそうじっ!」(カチカチ)「みみそうじ~!」
 别说我家还真有对很像样的白桐木梆子呢。那是爷爷奶奶送的类似小朋友说书礼包里带的,开场前咣咣咣地静场用的梆子,迄今为止不知怎么玩,今天小朋友知道边喊话边敲击了。咣咣~,注意防火啊(HINOYOUJIN),咣咣~! 哇塞,早上听过一遍,小朋友就可以记住并模仿重唱了,真是小神童! 再仔细一听,怎么有点不对劲呢?小朋友说的是"MIMISOUJI",也就是我隔三差五总要拿根绵签求他做的事情:掏掏耳朵! 咣咣~!掏掏耳朵!咣咣~!
 お腹が痛くなるまで大笑いをしました。そんな私をみて、小人さんが更に言いました「○ちゃん(自分の名前)、面白いでしょう?」笑いが暫く抑えきれませんでした。
 笑得我肚子疼,差点儿没喘上来气。看我笑倒在那里,小朋友又加上一句:"你看,悠悠我是不是很搞笑!" 又把我逗得凭生很多皱纹出来:) 
[PR]
by jasminejun | 2010-12-15 13:12 | *kid

小人さんの言語発達

b0101387_1084020.jpg
背景が雑乱しているので、ぼかし処理してみました。(彩度下げ処理したものよりは見映えがよくなったかしら?先生♪)
背景比较杂乱,经高人指点,把背景虚化处理了一下,比起之前降低色相彩度,效果好多了吧? Photoshop 真是深奥啊。

1. 「おかあさん」
 今朝のこと。小人さんを起こしてオムツを替えた時、
 小人:「ママ」
  私:「なぁに?」
 小人:「おかあさん!」
  私:「えぇ?今、おかあさんと言ったの?」
 小人:「うん」
  私:「ついにおかあさんと呼べるようになったね!うれしいよ、ママは、とても」
 小人:(うれしそうに)「おかあさん!おかあさん~!」
 
 「ママ」と呼ばれた日のことは、覚えようと思ったけれど、喃語時代の小人さんから聴いた「ママ」とは、本当に私を呼んでいるかそれともただ「あ・ま・た…」のような発音なのか、正直あまり区別付くことができませんでした。ですので、今朝、はっきりと「おかあさん」と呼ばれたときに、本当にうれしかったのです。

 今天早晨,我照例叫醒小朋友然后给他换尿片。他嘴里念念有词的,过了一会他叫"妈妈",我说"什么事?"他换了一个称谓方式又叫"妈妈!"(一般他叫的妈妈是接近妈咪的昵称,这次是接近母亲的正式称呼),我连忙确认"你刚才叫妈妈了?"小朋友认真地点头称是。我感慨不禁地说"宝宝你可终于会叫妈妈了。妈妈可太高兴了!"小朋友于是更卖力地大声叫妈妈,字正腔圆,清晰悦耳!
 其实,我的大脑一直做好准备记住自己第一次被叫成妈妈那一天。可是至今也说不准那一天到底是哪一天,因为当时小朋友正是喃语期,成天a·ma·ta·o的,搞不准哪一嗓子是真的在叫妈妈我。但是,今天早上却不然,他清楚地叫我妈妈,不带半点含糊,真是把我高兴得"有顶天"了。


2. 「落ちる」と「降りる」
 私のところへ来ようとした小人さんを抱っこしたパパに、小人さんが「おしたい(落ちたい)」と言っていました。「『おちたい』じゃなくて、『おりたい』と言いたかったでしょう?」と聞くと、「おいたい(降りたい)」と言いなおした小人さんでした。

More
[PR]
by jasminejun | 2010-06-28 22:26 | *kid