タグ:景 ( 16 ) タグの人気記事

ホームパーティー&イルミネーション②

b0101387_635784.jpg
夕方頃、イルミネーションをみに、みんなでドイツ村へ向かいました。
駐車場からの眺望です。丘一面のギラギラ、まるでファンタジーの世界に来たような感じです。
街の中のイルミネーションも見たことがあって、
周りの建物の光も含めて、全てが眩しいって印象ですが、
ここは周りが暗くて、ここ光だけギラギラで、その輝きも格別なものに感じてしまいますね。
b0101387_638973.jpg
光の畑
b0101387_12503114.jpg
光のトンネル
b0101387_1333651.jpg
どこに行っても華やかなイルミネーションばっかり
b0101387_12494775.jpg
幻想的な雰囲気


[PR]
by JasmineJun | 2011-12-11 23:31 | *event

初冬の秋景色

b0101387_1582663.jpg
ついに師走。
一連のイベントの後に、お正月がやってくる――一年また一年、何時からこんなに早くなってきたのでしょう。
街中はクリスマスモード。
ふと気付くと、今頃になって、やっと周りは紅葉の見ごろを迎えたようですね。
遠くまで行かなくても、いつもの公園でも、きれいな紅葉が見れます。
しかし、自分も含めて、紅葉狩りの気分はと~くに去ってしまったようで、
毎日「クリスマス」のあれこればっかり考えています(笑)
b0101387_15282486.jpg
絵のように見える、ひと足遅れて紅葉の見ごろ。

昨日、スイミングレッスンの後に、小人さんとパパがいつもの公園に行ってきました。
雨上がりの午後でしたので、人でも少なく、とても静かだったそうです。
雨でいっぱい落ちた紅葉も一面で、誰にも踏まれず綺麗なままでした。


[PR]
by JasmineJun | 2011-12-04 22:07 | *days

ニセコでキャンプ

b0101387_1711070.jpg
昼過ぎ頃にニセコサヒナキャンプ場にたどり着きました。
とにかく人気の高いキャンプ場らしく、予約は結構いっぱいでした。

北海道のパノラマを想像して予約した私ですが、
林間に程よく整備されたサイト区画を見て、少し予想外だったが、
でもそのイメージのズレも翌日になると全部消えた位、とても良いところと思いました。
スタッフがとても親切で、広い敷地内の設備を丁寧に案内してくれました。
目立たないところに「ようこそ」とのメッセージ、朝もぎの地産野菜コーナー、
ちゃんと手入れされている山野草(決して綺麗に咲く派手な園芸花ではないところがいい)。
鏡に映る構内の景色まで考えたのではないかと思わせるくらい、
運営側の心配りに念が入っていることが伝わってきます。

b0101387_147589.jpg
我が家も早速設営してみました。
もっとゆっくりと散策もして煮込み料理でも作って・・・と思ったところ、
食材の買出しに2時間もかかったことは思いもしなかったので、
結局バタバタとBBQスタイルで夕飯を済ませることになりました。
今まで行ったキャンプ場は、車で10分でも走れば十分物揃いのいい店があったのに、
ここは本当にイナカだからね、2箇所のスーパーが案内されたが、どれも片道25分以上。
っていうより、地図上では完全に2つの市となっているけど(笑)。
おまけに山の中は日暮れが早くて、そう思うとテントの設営を全部パパに任せて、
方向感の強い私は小人さんとドライブ気分で調達の長旅に行ってきました。
結局倶知安市のスーパーへ行くことになったのですが、
この頃は産地をチェックしながら買い物をしてきた私ですが、
どれも北海道地産という100%安心できる野菜売り場に入ると、思わず興奮してしまいました。
あれもこれも、ポンポンポンとバスケットに入れるだけで、なんてこんなに楽しいのでしょう(爆)
b0101387_16253765.jpg
簡単ですが、間違いなくおいしかった夕飯です。
このお買い物の長旅のもう一つ収穫というと、近くに良さそうな露天風呂を発見したことです。
夜は食事を済ませてから三人で露天風呂に入って、
帰ってきて気持ちよくて早めに就寝しました。

そして翌朝・・・・・・
b0101387_1520974.jpg
言葉はもう要りませんね。
写真をこうやって縮小して編集したり・・・となると、本当に勿体無いと思います。
その日、この美景を目の前にして、ついつい声をのんでしまった自分を思い出します。
b0101387_15291422.jpg
道端にこの野花を撮った時に思っていました:
どこでもある野花も、背景がこの北国の大地であるだけで、もう完璧な絵になるわけですね。

続き・・・札幌へ移動。

PS.同じ内容の中国語記事はこちらです。


[PR]
by JasmineJun | 2011-08-13 13:59 | *outing

函館~大沼公園

b0101387_1612510.jpg
今朝起きてすぐに甲板の上に行ったのですが、日の出のタイミングが既に逸してしまいました。
函館に近づくことで、港の風景が目の前に広がってきて、
どこかが懐かしくて、景色を眺めながらふと故郷のことを思い出しました。
b0101387_1674912.jpg
朝早く行くところも無く、船から下りた車たちと共に朝市に向かいました。
既に市民生活のなかの朝市でなく、すっかりと観光スポットとなっているので、
ある意味で「つまらない」って感じですね。
b0101387_16193728.jpg
昨夜は移動がメインで碌に食べなかったので、ここで栄養をたっぷりと!
ここでは考える必要もなく、お店の定番メニューを選びました。
確かに鮮度が命ですね。いかのそうめんも白じゃなくて、透明で青色だもの!
朝一から食欲が満開するわけもなく、それでもさすが北海道だ!って、胃袋がうれしいはずです。
b0101387_16285958.jpg
函館を後にして、今日の目的地のキャンプ場を目指してGO!
北海道に入ってから次から次へとシャッタを押したのは、空と雲のためだと気付きました。
ふわふわで大きくて、まるで絵本のなかから出てきた雲たちのようで、うっとり(^^♪
b0101387_16333684.jpg
途中で遠くから駒ケ岳を見かけて、時間的に少し余裕があったので、大沼公園まで行ってきました。
とてもきれいな公園で、本当は一周コースで回ってみたかったのだが、
そこまで時間が無くて、体力消耗するわけも行かず、歩ける範囲だけで散策してまた出発しました。
去年と同じ道を走ったが、「あ、そこに止まって休憩したね!」「あの店でジュースを買ったね!」と、
単調な限速50kmのドライブをしながら、いろいろな思い出や新発見も楽しんでいました。
b0101387_17102644.jpg
とても北海道ならではの眺めでしょう。
ここをクリックすれば、少し大きめのパノラマが見れますよ。)
でも、暫く運転すれば、このような景色が本当に飽きるほどいっぱいあると実感できます。

午後からキャンプ場にチェックイン!

*同じ内容の中国語記事はこちらです。


[PR]
by JasmineJun | 2011-08-12 20:59 | *outing

Let's Go Camping! ①

b0101387_15554729.jpg
 4/30~5/1,家族でキャンプに行って来ました。ディーキャンプは何回もやったことがあったが、お泊り+自炊ってのキャンプは初めてです。♥
 4/30--5/1,我们全家出去自炊露宿了。以前都是当天就打道回府的那种,这次要在帐篷里过夜和做两天的饭,如此正宗露营活动,对我还说还是第一次呢!
b0101387_13104378.jpg
 我が家のキャンプテントです。こうやって設営すれば、大きいな庭付きの1LDKになりま~すぅ♥
 这就是我家的帐篷。搭起来还是个前厅后卧的套间呢♥
 前室ドーム部分は去年のディーキャンプに何回か出かけて設営したことがあるので、スムーズに立ち上がりました。しかし、ベッドルームのエッグ部分は今回で初めての設営となったため、よく事前研究もせずいきなりの作業となったが、肝心の取説も忘れてしまったので、本当に四苦八苦でした。同じキャンプ場に同じセットのテントを見かけたおかげて、何とかそれらしく設営できました。でも、このスノーピークのテントが本当にコンパクトの割には中は広くて余計な設計なんか一つもないほど格好良かったのです。
 前室的起居厅部分,去年出去玩过好几次,所以轻车熟路的,很快就搭建起来了。可是后面这个卧室部分就不然了,这次是第一次搭不说,我们都轻视了这个双层小卧室,特别是还要和前厅结合这一点,没带说明书出来真是大错特错,结果费劲了牛劲才搭建起来。多亏了在野营场看见了和我们一样组合的帐篷,跑到近前去观察实物取经一番,才算组合得象那么一回事。话说回来,我们买得这个Snowpeak品牌的帐篷组合,设计上真是没有一个多余的细节,无论造型还是功能,满意指数都非常高!
 ここは標高800Mの山のふもとにあるキャンプ場なので、市区部より気候的に1ヶ月遅れた感じがして、防寒対策がしっかりしてきてよかったと思いました。初めてのテント泊まりもふかふかの寝袋のお陰で快適でした。寝袋なので小人さんが布団を蹴っ飛ばす心配もなく、一晩中ぐっすり。
 所到之处是海拔800余米的高原地带,比起市区气候上整个要晚一个月的感觉。我们按照宝爸指导有备而来,一点没有冷的感觉。由于是第一次野外住宿,我担心的地面硬外面潮,统统不是问题,大大的厚垫子还有暖暖的睡袋,这一晚上睡得很舒服。因为不用担心小朋友夜里踢被子,所以更是一觉到天亮。
b0101387_13463429.jpg
 目の前に鎮座する富士山のパノラマを堪能できると聞いて楽しみにしていたのですが、あいにく曇りの天気で、殆ど全貌が見えませんでした。それでもGWにもかかわらず、あまりにも広い野原では人込みの煩わしさを全然感じさせないところ、本当に気に入りました♪
 来之前我想象着杂志上冠雪富士豁然亮相眼前的美景很是憧憬,可惜天公不作美,一直就是多云天气,每看到富士山雪白的冠顶,深感遗憾。可是,时值GW的游乐旺季,这个露营地因为幅员辽阔,星星点点的野营帐篷根本就是点缀,丝毫没有人满为患的烦躁拥挤感觉。这在日本实在是太难得啦!
 撤収日の翌日には弱雨に遭ったので、時々強風にも…デビューしたばかりのキャンパーである私たちにとって、大変な体験となりました。私はエッグを外したときに、4箇所ペグを残したのに、突風にテントことを飛ばされてしまい、さんざんのていたらくでした(^^♪
 话说撤帐篷时,赶上山间小雨,时而还带着强风,这对我们这样野营菜鸟一家来说实在是面临了很艰辛的局面。我负责拆卧室部分,明明留了四处地丁,却还是被一阵风连地丁一起卷走出去一、二百米,想想跑着追帐篷的自己,实在是好狼狈哦!
 でも、事前のイメージより、今回のキャンプが楽しいし快適だったし、もし晴れたらもっと素敵でしょうと思いました。何よりもやっぱり大自然のなかでの開放感が気持ちいいもので、是非またキャンプに出かけたいと思っています。
 不过,所有经验都是宝贵的。更主要的是,露营活动比我事前想象的要舒适快乐很多。这要是晴好天气的话更是锦上添花了!在大自然的清新空气里舒活筋骨,烤着篝火细数满天繁星,听闹市里听不到的鸟儿的鸣叫声睁开双眼,是一种非常愉悦身心的至福! 所以,回程就决定了,不久还要再去。
 お食事や夜の焚き火など、続編の記事②でご覧くださいね。
 至于吃饭呀篝火等的图文,且听下回分解。
[PR]
by jasminejun | 2011-05-01 22:54 | *outing

Tamaplaze Terrace Ⅲ

 今日はエスカのお稽古に出かけました。駅から教室までのいつも通る川沿いの道にパトカーいっぱい止まっていて、お巡りさんもたくさんいて……曲がり角にあるレストランに強盗が押し入ったようだったとか。確かにこの辺は駅近だけれど死角になっているんですね。いつもより出遅れで事件も過去形となってよかったけれど、やぱり怖~いですね。
 今天隔了一个暑假去丹麦小绣箱的教室去了。每次都要经过的那条沿河的近路路口,停着好几台警车,巡警们也忙忙碌碌在拉一些禁止通过的斑马线。据说前面那个拐角的饭店进了强盗。我每次路过时也觉得尽管就在热闹嘈杂的车站后边但这里却似乎是一个死角,行人总是不多。不知道今天的事件是发生在什么时候,不过我比平时出门晚,看到的是事后处理的景象,如果和往常一样再早一点的话,天知道······想一想就后怕:)
b0101387_1342614.jpg
 さてさて、帰りに久しぶりに駅前でブラブラしたけれど、もうすぐオープンするテラス第Ⅲ期エリアもほぼできあがり、関係者たちが時々見かけられ、開業準備の様子が伺えますね。
 换个歌舞升平的话题。今天图自由自在,没安排车接车送坐电车回来,顺便在车站附近的购物区逛了逛,马上就要新开张的第三区也都基本上打理得很干净进入开张倒计时了,可以看见里面有人影走动,估计是在准备开张吧。
b0101387_14222342.jpg
 オープンテラスのところの緑化に積極的に取り込んでいるようです。写真をみるだけで、ここは建物の屋上とは思わないでしょう。
 这里对绿化工作也非常尽心,拐到三楼上的露台处,看到这样一派花草,不注明的话,一定想不到这是个建筑物的楼顶花园吧。

 本屋さんと文房具屋さんで結構時間かかりましたので、留守中の我が家大小男どものことが気になるし、食べ物を買って帰宅しました。玄関に入って、テレビの音がして、次の瞬間でもチッピが走ってくるのではと思いながら・・・よく見てみると、お二人が同じ大の字になって爆睡中・・・・・・早めに帰ってきて損しちゃっいました(笑)。
 我不小心就在书店和一家精品文具店里逗留了很久,想到家里那一大一小两个男生,于是出来后买了一些快活嘴巴的东西就赶快回家了。进了家门,就听见电视的音响声,我一边想下个瞬间小朋友就会飞奔过来吧,一边走进屋里,发现两个人正舒展着胳膊腿,酣睡成一大一小两个"大"字----当下后悔:不这么早赶回来接着逛商店就好了!
[PR]
by jasminejun | 2010-09-18 13:21 | *others

花火大会

b0101387_1724966.jpg
小人さんが今日から元気になりました。
夜、一家揃って花火大会にお出かけしました。
始めは少し怖がっていたようだが、抱っこして一緒に見ているうちに
「すご~い」と楽しむようになりました。
花火の写真はスライドショーでどうぞ。
+++++++++++
今天小朋友总算恢复元气,我们也放下心来。
晚上,一起去看焰火大会了。
小朋友开始还怕怕的样子,抱着他一起欣赏,
后来就会高声呼叫地进入状态了。
但愿这美丽的焰火会给小朋友装点一个美丽的夏天记忆。
好吧,大家一起看焰火吧。

[PR]
by jasminejun | 2010-08-21 22:02 | *event

奥入瀬渓流・十和田湖、そしてただ今

朝起きて空が雨模様。
今日はいい天気に恵まれそうにないけれど、
それでも計画通りに奥入瀬渓流、十和田湖を目指してGO!
早晨起来一看天气好像要下雨的样子。
看来今天是天公不作美了,不过,我们还是原计划不变,
直奔奥入濑溪流和十和田湖出发啦!

b0101387_14325290.jpg
石ヶ戸に近づいた頃から、やっぱり雨が降り出しました。
それでも多くの観光客が傘を差しながら渓流沿いの遊歩道へ進んでいきました。
小人さんを雨の中で抱っこしながら歩くこと、
そしてこれからの長いドライブのことを考えると、
これ以上遊歩道を歩くのを断念しました。
いずれにせよ、ここへ来るのは今回きりってあるまいし(笑)
接近石户入口时开始雨点密集起来。
可是还是看到很多游人都撑着伞往溪边小路那边去了,
想到要抱着小朋友冒雨走林间小路,以及今天后半部的长途车旅,
我们就决定逗留溪水边,不再继续往深里走了。
反正我想到这里来绝不会是仅此一回,姑且断念一次好了。
b0101387_1436488.jpg
ずっと紅葉の季節に訪ねてみたいところとしてとっておいたのですが、
夏の雨の今日だって、この青々とした景色の癒し効果も格別!
一直想秋天红叶满山的时候来这里观光的,
这一次是夏日的雨天,可眼前葱葱郁郁的清爽风景,一样养眼润心的呢!
b0101387_14404061.jpg
雨雲のせいで展望台までに行っても濃い霧で十和田湖を一望できませんでした、
下山の途中、少しの間だけ、ずっとベールをかぶった十和田湖が
顔を見せてくれました。
因为雨云的关系,我们开车转到可以一望湖光山色的展望台时也是浓雾一片,
悻悻然下山时偶然有云雾消散的工夫,
得以一窥揭开神秘面纱的十和田湖。

b0101387_14442120.jpg
下に行っても天気がすっきりしないままでした。
晴れたらどれだけの絶景を見えるのでしょうと、
やっぱりもう一度訪ねてこようと思いました。
到了湖边等了一阵也依然不见天气有好转的迹象,
如果是晴天的话,眼前该是怎样的山清水秀啊!
看来这里绝对有必要重访!

b0101387_14462718.jpg
遠くからあちこち見かける「乙女の像」という道しるべですが、
いざ目の前に現れると、ちょっとガッカリしました。
だって、いくら想像しても、
私のイメージした「乙女」とは、絶対こんな体付きじゃないもの!
でも、彫刻家の作品に寄せた思いを読んだら、
何となく納得できたような気がしました。
话说这沿途随处可见的"少女像"的路标看板,
总算来到雕像身边了,却有点扫兴的感觉。
因为纵使我想像力再高,也难以把这对粗腿肥臀的雕像和少女对号入座!
不过,看过雕刻家的创作寄语,我稍微有点理解这种造型了,
"时刻要与原始森林的重压抗衡,要么不站,站就永立千年吧!"
b0101387_1450591.jpg
名物のヒメマスランチを食べて、小人さんが昼寝してまたひと遊びしてから、
私たちは帰り道へ出発。
東北道に入ってすぐ、目の前に連峰のパノラマが現れ、
まるで私たちとお別れを告げるように見えました。
中午吃了一顿当地特产"姬鳟"套餐,又让睡过午觉的小朋友尽情玩了一通之后,
我们正式启程回家。
车开入东北高速公路时,眼前一派群峰连绵的壮观景象,
仿佛此行所见的北国山水都前来作别一般,很是为此心动了一阵。

帰途には瞬間豪雨に遭ったが、
お盆の真っ最中なのに、これといった長い渋滞もなく、
夜中の12時に無事に我が家に辿り着きました。
往復3000km近くのドライブ、確かに疲れたけれど、
マイカーだからこそ体験できる旅情も達成感もたっぷりでした。
归途中遇到了瞬间暴雨的路段,
不过虽然正值盂盆节,但却没有遇到所谓数十公里的塞车,
半夜12点多平安驶进我们住的公寓的停车场。
来回车程近3000公里,的确长距离的自驾游不是一件轻松的事情,
不过,不是自己开车就绝对体会不到的快乐也特别得多,
特别是旅途结束后的成就感,很是享受。




[PR]
by jasminejun | 2010-08-14 22:29 | *outing

美瑛・富良野

台風4号が接近した為、今日は雨模様。
予定していた黒岳登山そして大雪山連峰展望をやめて、
ルートを変更して、美瑛・富良野を通り抜けて札幌に戻ることにしました。
不凑巧台风4号北上,今天一整天都下雨的样子。
本来预定乘登山缆车上黑岳山顶眺望大雪山连峰的计划也泡汤了。
于是归途改变路线穿过美瑛·富良野回札幌。
b0101387_20185433.jpg
美瑛の丘。大好きな景色です。
前回は青空に白い雲という定番風景で大感激しました、
今回は雨曇がいっぱいですが、それでも迫力ありです。
美瑛一望无际的美丽丘陵。这里是我最爱的北海道景点之一。
以前来的时候被那蓝天白云的美景感动,
这一次的漫天云雨,景致却也一样非比寻常。

(クリックすればパノラマ写真が見れます/点击可见更大的全景照片)
b0101387_21105558.jpg
花いっぱいの7月が過ぎ、花畑の花もちらちらって感じです。
雨止むほんの5分間の間に撮れた一枚です。
过了七月,那随处可见的五彩花田景色也难见踪影,
在四季彩之丘赶上雨脚歇息的五分钟拍下这张花季之后的花田照。

(クリックすればパノラマ写真が見れます/点击可见更大的全景照片)
b0101387_21383746.jpg
ラベンダーの花期が終わっても、ブルーサルビアで青紫の余蘊を楽しめます♪
富良野的薰衣草花田也是花季之后,
不过怒放的蓝色鼠尾草可以让你重温蓝紫色的美仑美奂。

b0101387_7223590.jpg
小人さんというと、スーパーで車のショッピングカートが大変気に入ったようで、
買い物が終わって彼をカートから降ろせるのに大変苦労しました。
再说今天的小朋友,所到之处都无心观景而是力推他的"彩三轮",
这不,最后在商场购物时,人家看中了这个蓝色车形购物推车,
我们把他从上面抱下来正经费了不少口舌和体力。

今日一日、台風による雨がおあいにくさまですが、
幸い、途中所どころに景色を見渡ろうと駐車した間は
雨がやんでくれて、ラッキーでした。
今天的行程因为突来的台风而被搅乱成了遗憾,
不过归途可以再见美瑛和富良野的美景,
而且我们停车想要拍照的时候都赶上雨脚歇息,
这也可以说是遗憾之中的幸事了吧:)

[PR]
by jasminejun | 2010-08-11 22:12 | *others

北の大地へ

b0101387_0553363.jpg
 明け方の大間港。
 拂晓时分的大间港。
b0101387_101992.jpg
 どこまでもついてくるカモメたち。
 一直追随着渡轮迟迟不归的海鸥们。
b0101387_143999.jpg
 小人さんに「海って何色かな?」と聞くと、迷わず「しろ」と答えてくれました。
 我问小朋友:大海是什么颜色呢?人家毫不犹豫地回答:白色。
b0101387_114959.jpg
 無人駅にて。
 无人车站之漫长风景。
b0101387_116144.jpg
 大空と大地。
 云卷云舒,北国风景线。
b0101387_9332973.jpg
 小人さんも旅を楽しんでいるようです。
 小朋友好像也在同享旅途中的快乐。

[PR]
by jasminejun | 2010-08-08 20:42 | *outing