<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

[中文]禅味的水果

b0101387_11503826.jpg
隔了一个月,终于可以填上这个大坑^^

禅味的水果

  真正开始品尝新鲜的无花果,还是最近几年的事情。
  小的时候,类似无花果这样的稀罕物,几乎很少看得见,不像现在,无论季节的不同,无论地域的差异,只要你想,去超市走一圈,就什么水果都可以买得到吧。
  对无花果的最初印象,应该是在读了《圣经》之后吧。据说亚当夏娃用来遮羞的树叶就是无花果树叶。所以,从那个时候起心里就有了一个错觉,无论是树是叶还是果,无花果起初就仿佛是一种远离真实的存在。
  后来在书上看到说,无花果其实也不是无花就结果,因为花开得特别小,而人们注意它的时候,就已经是硕果满枝了。我总以为,大凡世间的花,生来无非就是为了美丽,所以才五颜六色,所以才香氛妖娆,可是原来也有无花果这样平凡卑微得几乎到了极致的花呢。这样那样的关于无花果的想象,无非都基于文字或书上的插图,我几乎没有过要亲口尝尝它的念头。
  大二开始,开始痴迷上了“禅”。天天泡图书馆,检索的都是禅和禅宗文化方面的书。这份痴迷,终于在毕业时洋洋洒洒写下万字余的论文《禅心与诗意――读皎然和他的僧诗》之后终于降温了。当时要好的同窗刚刚结识了一位南方人的男友,他带给我们很多干燥的无花果,当时的印象就是挺有咬头,余味还算甘美。现在想一想,当时无花果在我心里,绝不等同于那些伸手即来的苹果香蕉葡萄鸭梨之类的水果,应该更接近“拈花微笑”里的那朵花,“折苇渡江”里的那根枝吧。
  第一次吃到新鲜的无花果,还是在日本就职以后的事情。几年前公司楼后的空地整备时,在围墙的角落种了一株无花果树。一年四季长了又落落了又张的是一些婆婆娑娑的绿色阔叶。夏天的一个午后,一个同僚端了一盆刚刚泛黄泛红的外形像小鸭梨似的东西过来分给大家吃。说是刚在楼后摘下来的无花果。我也分到一个,咬了一口,什么味道也没有似的。这和几近100%的甘甜确率的其他日本水果相比,落差之大,让人没心思再吃第二口。同僚都抱怨说摘得太早了应该等再熟透一点,而我却心里则顿悟般一个劲儿地点头称是:果然这个装点了禅宗玄奥世界几千年的“禅果”,不是可以像柿子橘子那样任人采摘轻松受用的“凡俗水果”啊。
  第二年过生日,友人送给我一小盒手工精制果酱的礼盒。内装六个小瓶,各是不同口味的果酱。里面就有一款是无花果果酱。从外表还看得出无花果的形状,吃了一口,甜而不腻,无花果特有的果肉口感飘香唇齿之间,我一时间惊觉自己这么久以来竟然错过了如此天下美味!
  那之后的夏天,我终于有意识地开始切盼无花果上市,买来还没全熟透的、熟得刚刚好的、熟得发紫的,从中选定自己最感到可口的好味道。一季下来,吃了不少无花果,内心是有意要将这些年来的损失补偿回来的感觉。也就是那个夏天之后,我仿佛法眼开光了一样,在西点店里找到了无花果焗果挞(tart),在欧风餐馆里吃到了烧烤无花果配熏制鸭肉的绝品,在一家小酒馆尝到了老板娘亲酿的无花果酒……那一年的夏秋季,我的美食名单上“无花果”一直高居榜首。
  没想到,那个印象里清纯得可以淡定出尘的无花果,色香味却可以和甘美的西点、烧烤的禽肉、以及沉迷的酒香这些世间口味的“粗犷”相得益彰,而这,也许可以说是更深境界的一种“禅味”吧。
[PR]
by jasminejun | 2010-09-30 22:43 | *feeling

小人さんとの会話

b0101387_1063411.jpg
 1.保育園から家に帰って、素早くご飯の用意をする私をみて、「ママ、なにをしているの?」と聞く小人さん。「○○ちゃんのご飯をつくっているのよ」と答えたら、「ママ、ありがとう」と言われました。
 晚上从保育园接小朋友回家后,我马上开始张罗做晚饭。小朋友踮着脚趴在厨房门口的保护栅栏上问我:“妈妈,你在干什么呀?”我随口说:“给妈妈的大宝宝做饭啊。”小朋友认真地说:“妈妈,谢谢你。”
 2.「ママは○○ちゃんのことが大好きだよ」とよく言う私に、つい「○○ちゃんも、ママ、ダイスキ!」と言い返してくれるようになりました。うれしくて同じセリフを何回も言わせてしまう私ですが、嫌がらず何回も「ダイスキよ」と言ってくれるわが子。
 我总会跟小朋友说“大宝宝,妈妈真的好喜欢你啊”,最近,他终于也会回应说“宝宝(or自己的名字)也好喜欢妈妈!”我听着高兴,就一个劲儿地反复制造说这句台词的场景,为了我这个当妈的自我满足,小朋友总是不厌其烦,每次都认真回答我“好喜欢”。
 3.お風呂上りに一緒にしまじろうのDVDをみていました。私は「このお姉ちゃん、かわいいね」と言うと、小人さんが私を見て「ママも、かわいいよ」と言ってくれました。OMG, 思いもかけぬ自分に相応しくなくなってきたあの「かわいい」の言葉に、涙が出そう。
 洗完澡和小朋友一起看巧虎,我说:“这个姐姐可真可爱啊!”小朋友回头看我一眼,说:“妈妈,你也可爱啊”。我的天,没想到从他的小嘴巴里会听到这个快跟自己无缘的词汇,差点儿没把我的眼泪拽出来:) 
 
 あぁ、いくら聞いても飽きない会話ですね:)
 啊,百听不厌的对话:)
 
 
[PR]
by jasminejun | 2010-09-29 23:03 | *kid

千秋楽&美食

b0101387_16184758.jpg
前半について、こちらこちらにて、楽しんでください♪
一度位は国技館に行って大相撲を見てみたいなぁと思っていました。
今日は念願達成できました♪ 
このきっかけを作ってくれた友人たちに感謝感謝です!
今天偶可是亲往两国国技馆观摩大相扑的“千秋乐”(赛季终场赛)。
如果不是托这个外表看不出来的相扑迷的福,
偶的这个不大也不小的愿望不知道会到什么时候才得以实现呢!
亲爱滴,这厢有礼啦!

それと、既にレポ済み以外に私なりの感想というと、
白鵬の肌がとてもきれいだと思いました(←私だけでしょうか)
人生好調のときには、本当に内面から輝くってことでしょうか。
具体情况这里这里都有图文并茂的介绍且不多言,
我个人的另一感受就是,一路无敌全胜下来的横纲白鹏,他的皮肤真的很好啊!
没有磕磕碰碰的伤,没有红点黑点疙疙瘩瘩,白皙红润,健康强硕,
如果是有意精心护肤的结果则另当别论,
但我觉得应该更接近人生得意时的气血通润的效果吧,
正值自己的相扑人生最高潮的白鹏,
屡战屡胜,势不可挡,当然浑身上下都是精神气爽的吧!

さてさて、国技館を後にして…
後半は・・・いうまでもなく、胃袋直通・・・でした♪
呵呵,饱了眼福,还要口福,对大快朵颐的事情当然不能打折扣!
b0101387_1611167.jpg
小雨の中に訪ねた隠家のようなお店:
之后我们一行就直接沐浴这淅淅小雨,
找寻那正宗口味的出处:拐进一家现点现炒现做现吃的馆子。

四川厨房 随苑
オーダーバイキングなので、ついつい頼んでしまい、
そう、食べたのは写真の料理の数々だけではありません(笑)
おいしい中華を食べながら、国事家事天下事・・・・・・
またいっぱい花が咲きました(^_-)
蒸炒炝煮,极大满足了我们怀恋家乡口味的味蕾们,
铿锵天下,非常三八的聊天又让我们过了一顿嘴瘾:)


[PR]
by jasminejun | 2010-09-26 23:44 | *outing

大江戸温泉

b0101387_14482397.jpg
 午後、天気が一気に晴れてきたので、早速お出かけしました。ドライブも兼ねて一足飛ばして、大江戸温泉(浦安)まで行ってきました。
 台风和阴雨天一过,午后就是一个大大的秋高气爽!哪里还在家里呆得住啊,赶紧出去玩玩走走。宝爸爸顺便想开车兜兜风,于是就驱车到千叶县浦安(就是东京迪斯尼乐园那里)的大江户温泉乡去了。
 ここは親子風呂があって、オムツがまだ取れていない子どもも親と一緒に入れるようになっています。プールじまいとなった小人さんにとって、思う存分にジャブジャブできるツボ風呂がまるでパラダイスのようです。移動式のベビーバスもあり、それを使っていろいろなお風呂場までいけるのに、小人さんはやっぱりツボ風呂がお気に入りみたい。可哀想なわたくし、パパとの合流時間までこの風呂しか入れなかったの(ーー;)。
 这里有还带着尿片的小朋友专用的温泉缸(一般温泉都不允许尿片小朋友直接进去的),小朋友高兴坏了,一直在里面扑腾水玩得可开心了。可怜我惦记着至少十几种温泉,只好望泉兴叹,到和宝爸爸会合为止,一直都陪小朋友泡罐子了:)
b0101387_139717.jpg
 外に出ようとしたら、「もうおしまい?」とずっと聞かれて、だましだまし何とか小人さんを連れて温泉を後にしたけれど、近くの臨海公園にまた一遊びさせてやっと家に帰ることができました。車に乗って5分経たずにぐっすりと寝てしまいました。
 看出我们结帐往外走,一直跟着问“(这就)玩完了?”我们不明确回答他总算顺利把他带到外边,不过总觉得小家伙好像真的还没玩过瘾,就又带着他到附近的临海公园去玩了一圈,任他在夕阳向晚的海边公园里推着小三轮车跑来跑去。天黑回家时,小朋友一坐上车不到五分钟就呼呼睡过去了,一直到家。
b0101387_13303163.jpg
 今年の中秋明月が悪天候などで撮れなかった(22日は寝てしまった)ので、ずっと残念に思っていました。でも、今日はとても奇麗な居待月(十八日月)が見えました♪
 对了,今年的中秋月因为天气不好没拍到,十五当天倒是明月当头可惜我们全早早睡了,结果第二天就开始下雨。以为看不到秋夜明月了,今天却看到了八月十八的美丽。其实浑圆的美丽,因为美得再也多说不得一句,所以有时会有令人窒息的感觉;但这样偏一点的缺月,因为有过两三天前的辉煌,还有下个月的期待,所以看起来更能给人一种圆融的喜悦。 
[PR]
by jasminejun | 2010-09-25 23:47 | *outing

花巻・花巻

b0101387_15532533.jpg

 ふと思い立って、小麦粉料理の花巻を作りました。
 何回か作っているうちに、作りやすい分量が覚えたので、今の鍋で蒸すとあまりもなく、一回分は小さな花巻が8~9個ができます。
 左は塩柚子胡椒味、右はゴマ天塩味。どれもおいしかった(^^♪ちなみに、小人さんが寝た後に奮発したわけで、蒸し立ての花巻を食べれる人は私だけでした(笑)。
 翌朝に温めてテーブルに運ぶと、我が家の男性陣はおかずを待たずにそれだけ食べ始めました。パパが一気に5個もパックンしてから、「おいしいね」とやっとコメントしてくれました(*^^)v。小人さんは「これなに?」と聞かれて、すぐに「はなまき」と答えたら、いいえ、また「hua1juan3」と中国語で言い直しました。小人さんが舌を動かしてみて、発音しずらそうで、何回も「なに?」と聞かれました。やっぱりこういう時に中国語から聞かせたほうがいいかもね。
+++++++++
 晚上一高兴,心血来潮地蒸了两小锅花卷。
 我经过反复尝试,用现在家里的蒸锅,蒸一次正好8~9个吧,不剩面,不用蒸好几次,所以做起来也不觉得特麻烦。至于最终做不做都是心情使然。
 左边是柚子椒盐味道,右边是黑芝麻天盐味道,大体差不多,但都很好吃。因为我是哄睡了小朋友后心血来潮的,所以刚出锅的热腾腾的花卷只有我一个人有口福吃到。
 第二天热了一下端上早餐桌,我家大小男生径直开吃,根本不等菜呀粥的。宝爸爸一口气吃掉五个,才缓了口气说“好吃好吃”。小朋友呢,急着想知道这是什么,我先是用日语告诉他一遍,一想不对,应该借他感兴趣时教他中文。我说了两次"花卷",小朋友绕了绕小舌头,好像不是一下子就发得出那个音,就接着问了两边,我慢慢说,他跟着我总算发出接近花卷的音来。看来我还是要加强尽可能说中文的意识,可是最近嘴边话别说都是日文先蹓跶出来,唉……

[PR]
by jasminejun | 2010-09-24 23:50 | *food

蝶々、蝶々、小箱に止まれ!

b0101387_1652597.jpg
夏が終わる頃に、蝶々がやってきた!
花季过去了,美丽的蝴蝶飞来了……
b0101387_9404652.jpg

もともとは紫色の箱にクリーム色の蝶々という設定でしたが、
サイズを計算して測ってカットして・・・
気づくとカットしたのは内箱用のクリーム色のクロス…でした(ーー;)
と言うわけで、配色を丸ごと逆にして、蝶々も紫になりました♪
本来,我设计的是淡紫色小盒上停落着一只奶黄色的小蝴蝶,
但是计算各种尺寸,又画又量又剪又裁的,贴纸翻过来一看,全裁成奶黄色的啦:)
无奈只好把所有配色180度全都反过来,
于是就有了眼前这个紫色精灵,还有奶黄小盒啦:)

b0101387_9475617.jpg

内箱と並べるとこんな感じ…です♪
余った材料で一回り小さな紫色の飾り枠を作ってみたけれど、
付けるかどうか…考え中です(^^♪
内盒外盒摆在一起的感觉。
不知为什么总对最初的设计不死心,
加上蝴蝶的颜色总觉得有点突兀,
于是用剩余的纸板又裁了一个紫色的装饰小框,
比量来比量去,还下不了决心是否贴上······
过些日子再找找感觉吧:)

[PR]
by jasminejun | 2010-09-22 16:50 | *hobby

My First Cut Work

b0101387_10542166.jpg
 この三連休にはもうひとつの収穫といえば、長い間ずっとダラダラ刺してきたドイリーの完成です。
 初めてのカットワークですが、最初はただの単純作業だと思ったら、最後の仕上げとしてカットした時に初めて気づくミスステッチ……なんとかぼろぼろにならずに済むものの、とてもこれ以上アップする勇気はありません(^^♪
 何も知らない人にはいいけれど、少しでも刺繍のことがわかる方なら、とても近く見せるものではありません。よって、本格的なカットワーク作品一号ですが、もしかして最後?…と言う可能性も十分ありえる位…ここで小さく飾らせて頂きますね。
++++++++
 连休三天,可以说还有一个收获就是把拖拖拉拉绣了好长时间的这个小垫布完成了。
 对我来说这是第一次正经八百绣cutwork,所以怎么说都有一份意义,最初我也是小瞧了这个技法,觉得有恒心就迟早会完成,结果,一直到最后剪去镂空部分时,才发现有几处当初光惦记绣线长短是否足够而绣错了方向!……好在不致于剪完镂空部分之后就七零八落,但也是"可远观而不可亵玩焉"的悲惨境地,所以只是照了这个尺寸的照片,实在没有勇气再把镜头拉近啦:)
 对刺绣不大明白的人还好,稍微熟悉点针头线脑的人,偶是没有胆量让人家近距离细细端详的。所以,尽管这cutwork第一号有盘古开天的伟大意义,不过想必今后也没有什么继往开来了吧······呵呵,所以在此小小地秀一秀啊:)

[PR]
by jasminejun | 2010-09-21 21:53 | *hobby

吃吃喝喝又一天

b0101387_9154041.jpg
 出張帰りのパパが連れて帰ってきたものは疲れ以外に、足裏に魚の目がひとつ。昨日まで違和感程度の魚の目ですが、昨夜から急に痛みがひどくなってきて、病院も祝日でほとんど休みなので、今日は家の中で過ごすことにしました。
 午後、ずっと外に行きたがっている小人さんをみて、私はお買い物に付き合ってくれないかと誘ったら、「はい」と快諾してくれました。そこでパパも「おれも行く」と言い出して、小人さんが喜んで「パパ、公園?」と何回も確認して「スーパーだよ」と答えると、小人さんは「すーぱー公園?」と呟いてニコニコと一緒に家を後にしました。どうもパパと同行すると、行き先は「公園」と確信してしまうようですね、しかも「スーパー公園」ってさぁ。
 スーパーで大きめのシジミをみて、パパは「これこれ、この間の旅館で食べたシジミ鍋を作れるじゃ」と言い、たっぷりと買いました。家に帰ってよく見たら、それほど大きくもないなぁ。そうか、スーパーのシジミ売り場では、小さなシジミと並んでこのシジミを売ってたので、その場を通った人たちがみんな「大きいな」と言う位、錯覚が起こしたわけですね。さすが商売上手ですね!
 でも、シジミたっぷりの鍋は、それなりにおいしかったですよ!小人さんも「あさり、あさり」とずっと言いながら、面倒くさがらず自分でシジミの身を取って食べました。冷凍室にあるひき肉を消費するため、あわせて椎茸の肉団詰めうま煮も作りました。野菜食べない小人さんですが、なぜかきのこが大好き、これからの季節は、おいしいきのこをいっぱい食べようと思っています。
 我が家にとって、こんな遠出なしの連休って、久しぶりでした。
+++++++++++++
 宝爸爸这次出差,除了带回家一身疲累之外,还有一个脚底上的鸡眼(有趣啊,日语叫做鱼的眼,从中可见陆海文化的差异性呢!)。家里没人长过这种东西,我也以为就是路走多了鞋不合适而让局部角质变硬了吧,结果昨天晚上就开始疼,今早还有点肿,可是节假日皮肤科一般都休息,于是只要打消外出念头,呆在家里正经八百"休息"。
 下午三点多,午睡醒来后的小朋友一直吵嚷要到外边去,于是我提议让他陪我去生鲜市场购物,小朋友当然一口答应下来。我们张罗着出门时,宝爸爸也耐不住无聊,要一瘸一拐地跟我们去放风。小朋友一听爸爸也一起出去,就高兴地问了好几遍"爸爸,是公园吗?",我说"是超市呀",他就说"超级公园(日语的超市略称+公园=超级公园)?",然后乐滋滋地被我牵着小手出门了。
 在超市里的生鲜卖场,宝爸爸看到有卖比一般蚬贝大很多的蚬贝,于是说"这个就可以做我们吃过的温泉旅馆的蚬贝炖锅啦!"于是买了一大堆回家。到家里再一看也没觉得有多么大啊,再想想,原来蚬贝卖场是把这个蚬贝放在更小的蚬贝旁边卖的,以致所有路过的人都要说一句"呵,这个蚬贝可真大",这完全是一种利用人体视觉错觉的商战技巧啊,难怪那家超市总是门庭若市呢!
 不过,一下子放了很多蚬贝的炖锅,味道当然不会含糊!小朋友也口口声声"蚬子(大连话=蛤蚬)",不厌其烦地一个一个自己抠着吃蚬贝肉。为了消费冰箱里的绞肉馅,顺便做了一道椎茸镶肉XO酱煲,说来奇怪,至今也不怎么吃蔬菜的小朋友,对所有蘑菇都情有独钟,再接下来的这个季节里,一定要把菌菇类吃个够!
 想一想,这样不外出远走的连休,对我们家来说还真是久违的事情了呢:)

[PR]
by jasminejun | 2010-09-20 22:11 | *food

りんごじゃない!

b0101387_15214092.jpg
 我が家のベランダには、夏の間に訪ねてきた虫たちの痕跡があちこち残っています。今日はベランダの掃除をしようと思い、午前中からパパが小人さんを連れて公園へ行ってもらいました。
 这个夏天,阳台上飞来不少知名不知名的飞虫,在阳台留下了磕磕碰碰跌打损伤的各种痕迹。今天我想趁上午不太热把阳台刷洗一下,让宝爸爸带小朋友到公园去打发时间。
 帰ってきた二人に食べさせようと思って、杏仁豆腐を作っていました。砂糖が控えめにしたので、せめて形と思って、リンゴ型で冷やしておいて―かわいくて食べやすいリンゴ型の杏仁豆腐のできあがり!
 一来表示感谢一来心血来潮,做了简单的杏仁豆腐。砂糖放得比较少,为了勾引食欲,我特意冰成小苹果的形状,这样等爷俩儿回来就吃得上可爱的小苹果型的杏仁豆腐啦!
 昼前頃、汗いっぱいかいて帰ってきたお二人さんに杏仁豆腐を出しました。
 吃中饭之前,两个人汗流浃背地回家了。冲完凉吃过饭我就把杏仁豆腐端上桌来。
 小人:「なに、なに?」
     "什么,这是什么呀?"
 ママ:「杏仁豆腐だよ、おいしそうでしょう?」
     "杏仁豆腐,看上去是不是很好吃?"
 小人:(食べる気満々)「あ×☆ミ◎とーふ?」
    (一脸吃相)"阿母尼(近似发音)豆腐?"
 
b0101387_15352962.jpg
 ママ:「そうよ、ほら、リンゴの形になっているよ、かわいいでしょう?」
    "对对,你看,还是苹果型的呢,可爱吧?"
 小人:(一口舐めて)「じおう(=違う)、りんごじゃない!」
    (舔了一口)"不对,这不是苹果!"
 ママ:(一生懸命説得)「りんごじゃないけど、リンゴみたいでしょう?」
    (竭力说服)"是不是苹果,但很像苹果对不?"
 小人:(聞こうともせず)「じおう、りんごじおう…」
    (充耳不闻)"不对,苹果,不是的……"
 ママ:(へた部分を取って試しに)「今度は?何に見えるかなぁ?」
    (情急生智去掉苹果蒂部分)"这回呢?你看像什么?"
 小人:(まじめに考えているようにみえる)「なに?」
    (认真若有所思状)"像什么?"
 ママ:(自信ついてきた)「ほら、ハートよ!ハート!」
    (突来自信)"看呀,心型,心型呀!"
 小人:(すんなりと納得)「ハート?かわいいね」
    (立马认可)"心型?好可爱呀!"
    (そしてペロリ)「ママ、おいしいね」
    (一口吞下)"真好吃!"

 なんてリンゴならだめで、ハートならOKなの?小人さんを納得させるコツってよくわからんき(竜馬風)です(笑)。
 为什么说成像苹果就没门儿,说心型就OK了呢?想让这个小家伙心服口服,还真不是件容易的事情呢!(笑)
       
[PR]
by jasminejun | 2010-09-19 23:58 | *food

Tamaplaze Terrace Ⅲ

 今日はエスカのお稽古に出かけました。駅から教室までのいつも通る川沿いの道にパトカーいっぱい止まっていて、お巡りさんもたくさんいて……曲がり角にあるレストランに強盗が押し入ったようだったとか。確かにこの辺は駅近だけれど死角になっているんですね。いつもより出遅れで事件も過去形となってよかったけれど、やぱり怖~いですね。
 今天隔了一个暑假去丹麦小绣箱的教室去了。每次都要经过的那条沿河的近路路口,停着好几台警车,巡警们也忙忙碌碌在拉一些禁止通过的斑马线。据说前面那个拐角的饭店进了强盗。我每次路过时也觉得尽管就在热闹嘈杂的车站后边但这里却似乎是一个死角,行人总是不多。不知道今天的事件是发生在什么时候,不过我比平时出门晚,看到的是事后处理的景象,如果和往常一样再早一点的话,天知道······想一想就后怕:)
b0101387_1342614.jpg
 さてさて、帰りに久しぶりに駅前でブラブラしたけれど、もうすぐオープンするテラス第Ⅲ期エリアもほぼできあがり、関係者たちが時々見かけられ、開業準備の様子が伺えますね。
 换个歌舞升平的话题。今天图自由自在,没安排车接车送坐电车回来,顺便在车站附近的购物区逛了逛,马上就要新开张的第三区也都基本上打理得很干净进入开张倒计时了,可以看见里面有人影走动,估计是在准备开张吧。
b0101387_14222342.jpg
 オープンテラスのところの緑化に積極的に取り込んでいるようです。写真をみるだけで、ここは建物の屋上とは思わないでしょう。
 这里对绿化工作也非常尽心,拐到三楼上的露台处,看到这样一派花草,不注明的话,一定想不到这是个建筑物的楼顶花园吧。

 本屋さんと文房具屋さんで結構時間かかりましたので、留守中の我が家大小男どものことが気になるし、食べ物を買って帰宅しました。玄関に入って、テレビの音がして、次の瞬間でもチッピが走ってくるのではと思いながら・・・よく見てみると、お二人が同じ大の字になって爆睡中・・・・・・早めに帰ってきて損しちゃっいました(笑)。
 我不小心就在书店和一家精品文具店里逗留了很久,想到家里那一大一小两个男生,于是出来后买了一些快活嘴巴的东西就赶快回家了。进了家门,就听见电视的音响声,我一边想下个瞬间小朋友就会飞奔过来吧,一边走进屋里,发现两个人正舒展着胳膊腿,酣睡成一大一小两个"大"字----当下后悔:不这么早赶回来接着逛商店就好了!
[PR]
by jasminejun | 2010-09-18 13:21 | *others