【四国の旅】 列車でGO!

【暫くは更新ができない状態が続いてますが、これから少しずつ復活しようと思っています。】
【気長に待ってくださる○○巻....いくつがあるけど、まずこの記事で「時差」を無くしたいと(^_-)-☆】


今月で4歳を迎える小人さん、何かプレゼントしようと考えたところ、
「モノ」(おもちゃ関係)に関しては、特にこれっといったものもなく・・・
とその時、アンパンマン好きのお嬢さんのために四国旅行をプランしている友人の話を聞いて、
一瞬の直感でその計画に乗ろうとしました。
その直感が更に冴えていて、その日のうちにもうチケットの手配まで依頼することに(^^♪
と言うわけで、友人親子が空路で、私と小人さんが陸路で徳島まで合流ということで・・・

この旅はパパ抜きの小旅行で、一人で子連れでこの距離の旅行がうまく行けたら、
これからも一々パパの都合に合わせなくてもお出かけできますね(笑)
アンパンマンに対しては、今年でギリギリじゃないかと思います。
好きなうちに最大限に楽しんで、満足して次の戦いごっこへステップアップ?かなって感じ。
ずっと前から電車好きでしかもかなり詳しくなってきた小人さん、まだ新幹線を乗ったことがないので、
今度の旅で新幹線(のぞみN700)に急行にアンパンマン列車に在来線まで...全部制覇できます。
そう思うと、直感で実行したこの旅も、なんだか有意義なイベントとなりそうですね!

b0101387_12285744.jpg
新幹線のぞみN700を乗れると聞いて興奮して小人さんに対して、
私は片道5時間強という旅の途中に子どもが騒いだらどうしようと実に不安でした。
しかし、当日の朝にまさか電車乗り遅れたとは想像もしなかったもので、
新横浜に着いた頃、私たちの乗るべきの新幹線が既に発ってしまったのです。
仕方なくすぐ次ののぞみに変更し、幸いなことに自由席に無事に座れることが出来ました。
大好きなウルトラマンと一緒に遊んだり、駅弁を食べたりして、
途中はまったく騒ぐことなく、とても協力的な小人さんに有難く思いました。
b0101387_1229991.jpg
無事に岡山に着き、行きは写真撮る余裕もなかったもので、
下車したらまず小人さんのリクエストに応じ、ホームに一番前に行って、
近くにのぞみN700と写真を撮ったり、発車するのを見送ったりして・・・
とその次の瞬間に自分たちが1本遅れた新幹線で来たことを思い出しました。
ということは、こんなゆっくりと新幹線とバイバイするほどの余裕もないはず!ってことだ!
乗り換え!乗り換えがあるんだ!と猛ダッシュして・・・・・・
やっとギリギリで発車メロディが流れている間に電車に乗り込みました(汗+冷汗)
b0101387_1232524.jpg

今度乗り換えた電車は快速マリンライナーで、1時間ほどで徳島に着くのです。
こちらの鉄道は単線区間が多くて、遠くからみる線路両側の景色やトンネルも、
在来線ならではの風情満点とも言えるでしょうか。
なんだか鉄道ファンの気持ちも少しわかったような気がしました。
b0101387_12293430.jpg
やっと無事に徳島に着きました。友人と合流する時間まで少し余裕があったので、徳島駅前でブラブラ。
しかし小人さんが眠くなったようで、ずっと抱っこ抱っこって言われた末、
何とかベビーカーに乗せた後、すぐに寝てしまいました。
喫茶店に入って少し休憩してから、ランチ予定の人気らーめん屋さんに向かい、
その後無事に友人親子と合流してラーメンを食べて、
今度は今日のメインイベントである「アンパンマン号」列車に乗ります!
b0101387_12301015.jpg
一日指定席20席までという「アンパンマン号」列車、
乗車メンバーがやっぱり「祖父母+孫」や「親+子ども」という定番組合ばかりですね(笑)
指定席の車両の隣はアンパンマンミュージアムにような遊ぶ専用車両で、
面倒見のスタッフまで配置されてあって、親は撮影に専念できるわけです(爆)
私たちは小人さんたちのために「アンパンマン弁当」を事前予約したので、
これはまたアンパンマン水筒付きなナイスアイテムで、
旅の記念にもなるし、普段にも使えるし、本当にお薦めです(^^♪
b0101387_12301542.jpg
アンパンマン列車の1時間強の乗車時間、おかげさまで、まったく苦にならなかったのです。
長距離の乗り物にみんなあんな楽しいキッズコーナーがあれば、
もっと気軽に子どもを連れて旅に出掛けるじゃないかと思いました。
しかし、幸せの小人さんたちでうらやましい限りですわ。
b0101387_1019319.jpg
アンパンマン列車とバイバイして、今度はローカル電車で今日の終点高松へGO!
地方に出かけると、電車の本数も一時間に数本という感じですね。
これまで乗り継ぎがあるからずっと時間を意識してきたが、
ここで時間感覚が一気にスローになり、旅気分らしくなってきました。
「多度津」駅前で散歩しながら、次の電車が来るのを待っていました。
この乗り換えの時間がなければ、この小さな駅前でブラブラすることもないでしょう。
そう思うと、旅先での時間、場所、人....全てが「一期一会」のように思わせられますね。
b0101387_10313772.jpg
夕方頃、ついにこの旅の宿泊地である高松に到着しました。
別々に旅行プランを立てたので、宿泊先のホテルも別々なので、
まず荷物を私たちの宿泊先(駅前)に預けてから夕食を食べに夜の街へ。
写真はホテルとその隣の高松シンポルタワー、四国で一番の高さを誇るタワーだそうです。
b0101387_10595493.jpg
小人さんたちも疲れていたはずだが、何故か興奮のほうが大きかったようで、
食事に出掛ける途中にずっとハイテンションでした。
b0101387_118020.jpg
(最後の写真は友人が撮影したものです)
そうそう、一つ面白いエピソードを記録しなくちゃ:
子ども洋服を買い終わってお店を出ると、
小人さんたちが店の看板の前で遊び始めていました。
赤い看板に赤い洋服の小人さんたち・・・可愛いなぁとカメラを持ち出すと、
なんと我が子がいきなり相手の女の子にキッスを!
甘い汁を吸ってるわが子をすぐに止めるべきでしょうけど、
お二人の姿があまりにも可愛いから、ついついシャッタを押してしまいました(^_-)-☆

(四国の旅は、続きます...)
【この記事の関連内容の中国語記事はこちらです。】

[PR]
by JasmineJun | 2012-07-07 23:22 | *outing


<< 【四国の旅】 小豆島へ 沖縄の旅 二日目 >>