ニセコでキャンプ

b0101387_1711070.jpg
昼過ぎ頃にニセコサヒナキャンプ場にたどり着きました。
とにかく人気の高いキャンプ場らしく、予約は結構いっぱいでした。

北海道のパノラマを想像して予約した私ですが、
林間に程よく整備されたサイト区画を見て、少し予想外だったが、
でもそのイメージのズレも翌日になると全部消えた位、とても良いところと思いました。
スタッフがとても親切で、広い敷地内の設備を丁寧に案内してくれました。
目立たないところに「ようこそ」とのメッセージ、朝もぎの地産野菜コーナー、
ちゃんと手入れされている山野草(決して綺麗に咲く派手な園芸花ではないところがいい)。
鏡に映る構内の景色まで考えたのではないかと思わせるくらい、
運営側の心配りに念が入っていることが伝わってきます。

b0101387_147589.jpg
我が家も早速設営してみました。
もっとゆっくりと散策もして煮込み料理でも作って・・・と思ったところ、
食材の買出しに2時間もかかったことは思いもしなかったので、
結局バタバタとBBQスタイルで夕飯を済ませることになりました。
今まで行ったキャンプ場は、車で10分でも走れば十分物揃いのいい店があったのに、
ここは本当にイナカだからね、2箇所のスーパーが案内されたが、どれも片道25分以上。
っていうより、地図上では完全に2つの市となっているけど(笑)。
おまけに山の中は日暮れが早くて、そう思うとテントの設営を全部パパに任せて、
方向感の強い私は小人さんとドライブ気分で調達の長旅に行ってきました。
結局倶知安市のスーパーへ行くことになったのですが、
この頃は産地をチェックしながら買い物をしてきた私ですが、
どれも北海道地産という100%安心できる野菜売り場に入ると、思わず興奮してしまいました。
あれもこれも、ポンポンポンとバスケットに入れるだけで、なんてこんなに楽しいのでしょう(爆)
b0101387_16253765.jpg
簡単ですが、間違いなくおいしかった夕飯です。
このお買い物の長旅のもう一つ収穫というと、近くに良さそうな露天風呂を発見したことです。
夜は食事を済ませてから三人で露天風呂に入って、
帰ってきて気持ちよくて早めに就寝しました。

そして翌朝・・・・・・
b0101387_1520974.jpg
言葉はもう要りませんね。
写真をこうやって縮小して編集したり・・・となると、本当に勿体無いと思います。
その日、この美景を目の前にして、ついつい声をのんでしまった自分を思い出します。
b0101387_15291422.jpg
道端にこの野花を撮った時に思っていました:
どこでもある野花も、背景がこの北国の大地であるだけで、もう完璧な絵になるわけですね。

続き・・・札幌へ移動。

PS.同じ内容の中国語記事はこちらです。


[PR]
by JasmineJun | 2011-08-13 13:59 | *outing


<< ニセコから札幌へ 函館~大沼公園 >>