【キャンプの余興】まかいの牧場

b0101387_14464529.jpg
先週キャンプの帰りに近くにある「まかいの牧場」に行ってきました。
今までは、動物園、水族館、電車バス博物館、各種テーマパーク……
もちろんその時はその時で楽しく遊んでたでしょうけど、
今回の牧場とはちょっと違った気がしますね。
ヤギの餌やり、兎などの小動物たちとの触れ合い、ひつじの放牧……
これらのことが小人さんのツボにぴったりハマったようで、
いくら遊んでも足りないので、
今度は時間的に余裕をもって行ったほうが良いかもしれませんね。
上个周末露营回程那天我们顺路到附近一个牧场去玩了一圈。
迄今为止,我们带小朋友去动物园、水族馆、电车巴士博物馆、还有各种主题公园什么的,
虽说那些地方也不是不快活,也都留下美好回忆了,
可是和这次到牧场玩相比,却完全是另一种不同的感觉:)
给山羊喂食,和兔子们亲密接触,追逐放牧中的绵羊们……
这些活动因为比较容易参与的缘故吧,正正当当点中了小朋友的"喜穴",
玩得乐不思蜀了都~
看来我们下次不能顺路,是要专程去玩才行啊!


ただ、飼育係りの話によると、
そこにある兎たちはみんな目が見えないそうです。
そうじゃなかったら、子どもたちがあんなに安易に捕まえたり遊んだりなんか
できるわけもないもんですね。
この話を聞いてから、小人さんたちの所謂「触れ合いタイム」は、
兎たちにとって、まるで地獄に居るような時間じゃないかと不憫に思ってしまいました。
不过,我听到饲养员的介绍说:
这些小兔子们的眼睛都看不见东西,所以喂食时要尽量放在鼻子下边。
也难怪啊,不然眼疾脚快的兔子,怎么可能那么轻易就被小朋友们捉住并抱来抱去玩呢!
听了这话之后,我心里特别不是滋味,
觉得这些小朋友们所谓亲密交流的时间,
对这些兔子们来说,简直就是活生生的地狱般被摧残的时光啊!


牧場のあちこちに走っているトラクターに興味津々で、
出口のところにあるおもちゃコーナーで
どうしても大きいなトラクターのおもちゃが欲しがる小人さん、
SIKUのものなので、@¥4000円もするから買うわけもなく、
大泣いて騒いでた小人さんを店から連れ出すまで大変時間がかかりました。
这玩了一大圈之后,小朋友算是记住了满园子嘟嘟嘟跑的拖拉机了,
走到出口处偏有路过一个大的玩具卖场,
一个大大的蓝色拖拉机被小朋友盯上了,说什么都要据为己有的架势,
我瞟了一眼标签,是德国品牌siku的货品,一台要4000日元呢,又大又贵!
我们铁了心没给他买,结果就是我们需要花费远远超过4000日元的人工劳务费,
才能把那个又哭又闹的小人从玩具边上哄骗回车里然后回家,再等待他淡忘这一切。


[PR]
by jasminejun | 2011-06-07 20:43 | *outing


<< 初夏の公園(1) Let’s Go Campin... >>