ヒヤシンスの種

b0101387_10445391.jpg
 花後のヒヤシンスを切って、小人さんに「捨ててください」と頼んだら、小さな手が花びらから丸い実のようなものを摘んで私に見せながら「ママ、これ、何?」と。「実か種か…ね」と一瞬どう答えるかに迷ってしまった私。
 紫色风信子的花谢了,剪下来交给小朋友,让他替我扔掉。小家伙用小手鼓捣了两下,捏着一个圆溜溜的小球出来给我看:“妈妈,这是什么呀?”,我瞥了一眼,“是果实,嗯,也就是种子······吧”,别说,我还真的一时语塞了呢。
 花の咲いた後に実…であれば、種になるわけでしょうね。でも確かにヒヤシンスって、あまり種から云々と聞いたことがありませんね。気になって調べたら、すごいことがわかりました。
 这花开了之后就是结果嘛······那就是说是种子没错了呗!可是,风信子一般都是直接买球根回来种,好像很少听说播种栽培的啊,我越想越糊涂,于是就上网查了一番,居然知道了一个关于风信子的大玄机呢!
 一輪の花を半分に切ってみると、そこには雌しべと雄しべが現れて、その雌しべの根元の緑の部分は一応種になる子房だそうです。花が咲き終わってそのまましておくと、枯れていくけれど、実ができます。実の中に種があり、その種を土にまいて育てると、ヒヤシンスの繁殖ができます。ただ、私たちが当たり前のようにいつも球根から育て咲かせる立派な花になるまで、なんと5~6年以上もかかるそうです。
 试着把风信子的花切断面看过就知道,那里有所有花卉都有的雄蕊和雌蕊,在雌蕊下边淡绿部分就是孕育种子的子房。花谢之后任其自然枯萎的过程,也是果实成熟的过程。果实里面就是种子,把种子撒进土里浇灌呵护,就会发芽繁殖风信子。我们每一年秋冬时节理所当然地去买几粒饱满浑圆的球根种上,然后就可以耐心等待灿烂芬芳的风信子报春。殊不知,想要从一粒种子下土时开始等待那一刻的话,据说要花上5~6年的时光呢。
 驚きました~(^^♪ 一輪の花を咲かせるのに、こんなに長い年月が必要とは…
 我真的无法掩饰自己的惊讶,一朵花,在成长的背后,竟也需要这么多日日夜夜的努力。
 小人さんのお蔭様で、ママも良い勉強になりました。
 托了家里这个“小问号”的福,我也长了见识呢。
 PS.来年も花を咲かせるつもりなら、できれば花後の茎ごとカットしないこと。切り口からばい菌が入りやすいので、球根まで悪くなるそうです。(↑冒頭、私、もうやっちゃいました。)
 PS.还有,如果第二年也想看到美丽的风信子开花,最好不要在花谢之后连花茎一起剪掉。说是花茎的切口处容易侵入病菌,伤到球根养分。(再看开篇我的快举,故事都在那一剪子之后啊...爆)
[PR]
by jasminejun | 2011-01-27 22:43 | *flower


<< 肉料理を食べよう ピンクも満開♪ >>