大人びる言葉遣い

本篇故事忒长,相关中文请看这里:
b0101387_17113265.jpg
 まず年内帰省したときのことから。これは私がずっと綴りたかった出来事です。

 ☆「ママ、行って~ぼくは大丈夫だから」

 体調不良と外が寒いとのことで、大晦日の31日になっても、行きたかった本屋さんにはまだ行っていない私、ひたすら小人さんの昼寝時間を狙って待っていた。
 けれど、朝ゆっくり起きてたせいか、なかなか寝てくれない小人さんをみて、私は独り言のように言いかけてみた:「ママはどうしても本屋さんに行かないといけないの。なので、○ちゃんが早くおねねしてほしいいなぁ。だって、今日は行けなかったら、私たちって、もうすぐ日本に帰ってしまうからね」と。
 小人さんがベッドに転んで絵本や歌を次から次へリクエストしていたが、私の話を真剣な顔で聞いて、「どうしても?」と確認してきた。
 「そうなのよ。明日新年だからみんな休んじゃうかもしれないよ」と適当に相槌を打ったら、次の言葉が小人さんの口から出てきた:
 「いいよ。わかった。ママ、行って!○ちゃんは大丈夫だから。」
 「えぇ、本当に大丈夫なの?おねねしてからでいいよ」
 「大丈夫。ママ、絵本を持ってきて、○ちゃんが自分で読む。それからおねねするから。」
 「そんなの、○ちゃんって、本当にできるのかしら。まだ無理じゃないの?」
 「できるの。ママ、すぐ帰るの?○ちゃんが起きたら、ママに会えるの?」
 「すぐ帰ってくるよ、もちろん。○ちゃんは目が醒めたらすぐにママに会えるのよ!」
 その後、私は部屋を出る振りをしてみたけれど、小人さんが「いってらっしゃい」まで言ってくれたので、お手伝いさんに万が一騒ぎ出したらお願いしますねと頼んどいて、思い切って家を後にして本屋さんに行った。
 タクシーに乗り込んだ時も「もしかして今は家中に息子の泣き声が響き渡っているかも…」とかなり心配していたけれど、2歳児の言葉を信じて本当にお出かけしてしまう自分のこともなんか許し難い気がした。2時間近くして家に帰った時に、お手伝さんが「お子さんは本当にすごいだね、あれじゃ2歳5ヶ月の子とは思わないわ」と言われた。
 話によると、私が出かけたあと、小人さんが誰も自分の部屋に入室させないで、独りで暫く歌ったりしてから静かになってお昼ねしたみたい。そして私が帰る直前に甥のピアノレッスンがあってピアノの音で目醒めたようだが、泣くこともなく、独りでベッドの上で私の帰りをずっと待っていたみたい(もちろん他人は一切入室させないで)。
 私も自分の息子がここまでできるとは思いもしなかったもので、思わず胸がいっぱいになって、部屋に入って「ママだ」と喜んでいた小人さんを強く抱きしめて、暫く手放さなかった。

 次は最近の小人さんの大人びる言葉遣いで、いつの間にか覚えたかと、まさに正しく使っていることも、親としてただただびっくりです。





 ☆「ママと一緒に食べると、もっとおいしいもんね」

 食後に小人さんにいちごを食べさせて、私は台所でお片付け。私の後ろに付きまとってなかなかソファーのほうに行かない小人さんに、「向こうに行って食べてちょうだい。ママの後ろだと邪魔だからね」と言ったら、小人さんはいちごを持ってニコニコして「ママ、はい、どうぞ!」仕方なく食べたのだが、「ママといっしょに食べると、もっとおいしいもんね!」とわが子の言葉を聞いて、口をつぐんでしまった私……

 ☆「パパは、しょうがないもんね~」

 蛍族のパパは寒さにも負けず、タバコ吸いにベランダに出たりする。遊びに夢中になった小人さんが時々「パパは?どこへ行ったの?」と聞かれ、「タバコ吸いに外へ出ているのよ」と答える私。また同じ場面で「パパは?」と聞かれ「先と同じ、またタバコだよ」と答えたら、「そんなんだ」と小人さんがいい続けた「パパは、しょうがないもんね~」と。思わず「私の真似?違うわ、そんなこと、普段は言っていないわ」と反省してしまう私。どこで覚えたのだろう。

 ☆「そこにあるじゃないかと思ったよ」 

 いつも腕首に付けている輪ゴムがいつの間にかなくなった。小人さんに「ママの輪ゴム、見てない?」と聞いてみたが、「しらないよ」とさっぱり。数日後、LEGOブロックをバケツごとひっくり返したら、中から私の輪ゴムが出てきた。「ママ、みて、これこれ!」と輪ゴムを持ってきた小人さんに「ありがとう!どこで見つかったの?」と言うと、「ここだよ」とうれしそうに教えてくれた。「あちこち探したけど、まさかそこにあるとはね…」と私が言うと、小人さんが自慢げに「○ちゃんは、そこにあるじゃないかと思ったよ、ママ…」と自己PRした。ママの息子、えらいわ!

 まだまだあるような気がしますが、全部思い出せません。またそのうちまとめてみますね。
 おしゃべりが上手になってきた今、親子の会話は本当に楽しいですね♪
[PR]
by jasminejun | 2011-01-19 21:10 | *kid


<< 「更新年」の始まり・・・ 風信子 >>