奥入瀬渓流・十和田湖、そしてただ今

朝起きて空が雨模様。
今日はいい天気に恵まれそうにないけれど、
それでも計画通りに奥入瀬渓流、十和田湖を目指してGO!
早晨起来一看天气好像要下雨的样子。
看来今天是天公不作美了,不过,我们还是原计划不变,
直奔奥入濑溪流和十和田湖出发啦!

b0101387_14325290.jpg
石ヶ戸に近づいた頃から、やっぱり雨が降り出しました。
それでも多くの観光客が傘を差しながら渓流沿いの遊歩道へ進んでいきました。
小人さんを雨の中で抱っこしながら歩くこと、
そしてこれからの長いドライブのことを考えると、
これ以上遊歩道を歩くのを断念しました。
いずれにせよ、ここへ来るのは今回きりってあるまいし(笑)
接近石户入口时开始雨点密集起来。
可是还是看到很多游人都撑着伞往溪边小路那边去了,
想到要抱着小朋友冒雨走林间小路,以及今天后半部的长途车旅,
我们就决定逗留溪水边,不再继续往深里走了。
反正我想到这里来绝不会是仅此一回,姑且断念一次好了。
b0101387_1436488.jpg
ずっと紅葉の季節に訪ねてみたいところとしてとっておいたのですが、
夏の雨の今日だって、この青々とした景色の癒し効果も格別!
一直想秋天红叶满山的时候来这里观光的,
这一次是夏日的雨天,可眼前葱葱郁郁的清爽风景,一样养眼润心的呢!
b0101387_14404061.jpg
雨雲のせいで展望台までに行っても濃い霧で十和田湖を一望できませんでした、
下山の途中、少しの間だけ、ずっとベールをかぶった十和田湖が
顔を見せてくれました。
因为雨云的关系,我们开车转到可以一望湖光山色的展望台时也是浓雾一片,
悻悻然下山时偶然有云雾消散的工夫,
得以一窥揭开神秘面纱的十和田湖。

b0101387_14442120.jpg
下に行っても天気がすっきりしないままでした。
晴れたらどれだけの絶景を見えるのでしょうと、
やっぱりもう一度訪ねてこようと思いました。
到了湖边等了一阵也依然不见天气有好转的迹象,
如果是晴天的话,眼前该是怎样的山清水秀啊!
看来这里绝对有必要重访!

b0101387_14462718.jpg
遠くからあちこち見かける「乙女の像」という道しるべですが、
いざ目の前に現れると、ちょっとガッカリしました。
だって、いくら想像しても、
私のイメージした「乙女」とは、絶対こんな体付きじゃないもの!
でも、彫刻家の作品に寄せた思いを読んだら、
何となく納得できたような気がしました。
话说这沿途随处可见的"少女像"的路标看板,
总算来到雕像身边了,却有点扫兴的感觉。
因为纵使我想像力再高,也难以把这对粗腿肥臀的雕像和少女对号入座!
不过,看过雕刻家的创作寄语,我稍微有点理解这种造型了,
"时刻要与原始森林的重压抗衡,要么不站,站就永立千年吧!"
b0101387_1450591.jpg
名物のヒメマスランチを食べて、小人さんが昼寝してまたひと遊びしてから、
私たちは帰り道へ出発。
東北道に入ってすぐ、目の前に連峰のパノラマが現れ、
まるで私たちとお別れを告げるように見えました。
中午吃了一顿当地特产"姬鳟"套餐,又让睡过午觉的小朋友尽情玩了一通之后,
我们正式启程回家。
车开入东北高速公路时,眼前一派群峰连绵的壮观景象,
仿佛此行所见的北国山水都前来作别一般,很是为此心动了一阵。

帰途には瞬間豪雨に遭ったが、
お盆の真っ最中なのに、これといった長い渋滞もなく、
夜中の12時に無事に我が家に辿り着きました。
往復3000km近くのドライブ、確かに疲れたけれど、
マイカーだからこそ体験できる旅情も達成感もたっぷりでした。
归途中遇到了瞬间暴雨的路段,
不过虽然正值盂盆节,但却没有遇到所谓数十公里的塞车,
半夜12点多平安驶进我们住的公寓的停车场。
来回车程近3000公里,的确长距离的自驾游不是一件轻松的事情,
不过,不是自己开车就绝对体会不到的快乐也特别得多,
特别是旅途结束后的成就感,很是享受。




[PR]
by jasminejun | 2010-08-14 22:29 | *outing


<< 炎天下に戻り 帰途:北海道とお別れ、青森へ >>