お散歩が日課!

b0101387_13412749.jpg
 昨日午後急に高熱が出た小人さん、早退して迎えに行ってそのまま小児科へ駆け込みました。簡易キットで検査を受けてすぐに看護婦さんに声かけられて「○○さん、日本語で書かれてるけど、読めますよね」と、『アデノウィルス感染症』(プール熱のこと)という紙を渡されました。その後診察室で「これじゃ今週は連れて行けませんよ、あなた」と、去年一年間の頻繁のお付き合いですっかり親しくなった先生に言われちゃいました。(せめて「お母さん」と呼んでくださいよ)
 昨天下午因为小朋友突发高烧39.5度,早退去保育园接了他就直奔小儿科。从咽喉处取样检查之后,护士就一边递给我一张打印好的纸,一边确认"○○桑,读得懂日文吧",让我在等候时间先看看:《腺病毒感染(咽头结膜热)》。之后,大夫诊察时又跟我说:"得,这个星期我看你是没法儿送他上保育园了。"那口气就是"得了这病,上不了班也得认了"的感觉,从小朋友去年上保育园开始,我总上这里来报到,和大夫护士们都混了个脸熟^^)
 というわけで、今日は私が看病の番で、明日はパパが休んでくれるとのことになりました。これで土日も含めて、何とか乗り越えようと。しかし、プール熱ってわかっても、抗生剤が一切効かないので、ひたすら普通の発熱の時のケアでここ数日を過ごすしかないみたい。結膜炎症状は目薬ですぐ治るけれど、熱が高いときはずっとそばに見てあげないとね。
 所以,今天呢,轮到我护理小病号,明天和宝爸爸换班。之后就是周末,希望这个星期可以把这个难关渡过去。话说回来,这所谓咽头结膜热,日语直译就是”泳池流感”吧,非但抗生素类的药不好使,而且吃了反而影响机体内菌群平衡,更有利于病毒猖獗。所以,小朋友发烧时,除了物理疗法再就是多喝水什么的,过了三五天就没事了。剩下的诸如结膜炎呀拉肚子等的都是药到病除,就怕高烧把孩子烧坏了。
 昨日はピークだったようで、今日は随分落ち着いてきました。昼寝をたっぷりしてから、私は「ママとお散歩に行こうか」と誘ったら、手上げて「は~い」と快諾して、自ら玄関へ行って待っていました。そしたら、私も久しぶりに日中のお散歩に出かけました。
 昨天是发病后最难捱的一天,今天就好多了。中午吃饱喝足后小朋友睡了一个长长的午觉,醒来兴致很好。我说”和妈妈去散步吧?”人家就高举小手回答说”好吧”,然后自己跑到门口等着穿鞋出门去了。我最近连周末都在忙碌翻译,所以这样大白天出去散步也是好久以前的事情了。
 陽射しはまだ強かったので、私はベビーカーの天窓から「まぶしいね」と言ったら、小人さんも「※◇しぃねぇ」と真似して言い返し、「Yくんの帽子はあまり涼しくないね」と言ったら、すぐ自分の帽子を取ってしまい、今度は「じゃ、ママの帽子をかぶってみる?」と聞くと、「は~い。ママ、しーぼー(最近は「しっぽ」を覚えたけれど、「帽子」も「しーぼー」になっちゃった)」とニコニコ笑っていました。
 我们出门时太阳还是有点毒,我透过童车的天窗上说”阳光真刺眼啊”,小朋友也模仿说”是啊,刺眼”,我说”你的小帽子好像不怎么遮太阳”,人家就一手把鸭舌帽拽下来,我又说”不然你试试妈妈的大檐帽?”小朋友就又举起小手说”好啊,妈妈的’子帽’…(最近他会说尾巴[发音类似’子帽’])了,于是帽子也都成子帽了)”,然后笑眯眯地等着我递给他我的大檐帽。
 ほら、ママの帽子だよ、やっぱり大きすぎだよね。それでもずっとかぶっていました^^)
 瞧,妈妈的大檐帽,对你的小脑袋来说太大一点了吧。尽管这样,小朋友还是高兴地戴了好长时间呢。
[PR]
by jasminejun | 2010-06-10 23:39 | *kid


<< Brio機関車 ありがとう♪ >>