春の七草

b0101387_16103147.jpg こうやって「春の七草」をタイトルとして書くと、お正月モードもいよいよ終わりに近づきますね。

せり、なずな、御ぎょう、はこべら、仏の座、すずな、すずしろ
これぞ春の七草―(四辻左大臣)

 正月七日の朝に七草粥を食べて祝う習わしは、平安時代初期に宮中で始まったそうですね。その昔々の正月は今よりずっと寒かったでしょうね。そして、この習慣がさらに大昔の中国から由来したというから、古代中国のお正月なら寒さももっと厳しかったでしょうね。なのに、なのに、古人たちは新春の野での若菜摘みとは、全く風流なことだなぁと、早起きしてお粥を作りながら一人で感心していました。 b0101387_16132440.jpg
 この七草粥が我が家の朝食となると、ずっと単純なことになっています。暮れから作って食べてまた作って食べて…の繰り返し生活は、もうけっこうです。ご馳走よりはお粥のほうが恋しい!

 今日は
  七草を入れたお粥を食べよう
 今年一年は
  病気にかからぬように
 そして
  健やかに暮らせるように

+++++++++++++++
 新年到了第七天,有吃"春色七草粥"的习俗。
 古人可以在如此料峭寒春外出采摘新芽嫩草,可见他们在精神领域要比现代人风雅得多,游刃有余得多。
 不过,对于大吃二喝过来的我们一家人,正好可以借此和腐败生活作别。
[PR]
by jasminejun | 2010-01-07 23:08 | *food


<< パエリヤ(西班牙海鲜饭) 元気が一番♪ >>